電子パルス方式の特長 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > 電動工具 本体 > 電子パルス方式とオイルパルス方式の特長

電子パルス方式とオイルパルス方式の特長

電動ドリルは作業性の高さと強力なトルクが魅力の便利な工具ですが、動作音が大きいのが困りものです。そこで、静音タイプとして「電子パルス方式」と「オイルパルス方式」の電動ドリルが開発されました。両者の特長はどのようなものでしょうか。

電子パルス方式とは

電子パルス方式とは、電子制御でモーターの回転の正逆を高速で繰り返すことで、強力な締め付けと静音を両立させた新しいタイプの電動ドリルです。 騒音レベルは、日立工機株式会社のWM14DBLで68dB、 WM18DBLで70dBとなっています。集合住宅や住宅街での夜間作業でも、騒音被害を心配することなく作業ができるでしょう。

電子パルス

オイルパルス方式とは

オイルパルス方式とは、本体内部にオイルが満たされたオイル室が内蔵されており、オイルの圧力によって主軸回転を得るタイプの電動ドリルです。従来のインパクトドリルと違って金属打撃を行わないため、騒音が小さく抑えられます。

オイルパルス

≪まとめ≫

電動ドリルはパワフルで使い勝手が良い反面、騒音対策が必要となる場合が多々あります。特に集合住宅でのリフォーム作業、夜間作業などにおいては、電子パルス方式やオイルパルス方式など、静音タイプの電動ドリルの使用がおすすめです。