電柵の設置方法 【通販モノタロウ】

電柵の設置方法

1.草を事前に刈り取り、地面の凸凹をならす。
草を事前に刈り取り、地面の凸凹をならす。

2.支柱に目安ラインをつけてフックを取り付けます。
支柱に目安ラインをつけてフックを取り付けます。

  猪用 鹿用 アライグマなど中型獣
フック 20cm 40cm 10cm 20cm
(目安) - 35cm - -
(目安) - 20cm - -
(目安) - 20cm 10cm 20cm
(目安) 20cm 20cm 10cm 20cm
埋める目安 30cm 40cm 30cm 30cm

3.支柱を目安ラインまで打ち込みます。
支柱を目安ラインまで打ち込みます。

4.柵線を張り、出入口(ゲート)を作ります。余った線は沿わせるようにして取り付けます。
柵線を張り、出入口(ゲート)を作ります。余った線は沿わせるようにして取り付けます。

5.柵線の高さと上下の結線を50~100mに1ヶ所を目安につけます。また、きけん表示板を人通りの多い所に掲示してください。
柵線の高さと上下の結線を50~100mに1ヶ所を目安につけます。また、きけん表示板を人通りの多い所に掲示してください。

6.出力コードを柵線に、アース棒をすべて埋めて接続します。
出力コードを柵線に、アース棒をすべて埋めて接続します。

7.本器の電源を入れ、テスターにて出力を確認します。すべての段をチェックしてください。
本器の電源を入れ、テスターにて出力を確認します。すべての段をチェックしてください。

チェックポイント

通電の良い場所 動物が地面に触れる場所に設置できているか。通電させる工夫があるか。
漏電対策 100V電源の場合は、漏電遮断機を使用しているか。
アース すべて地面に垂直に打込んでいるか。長さ1m以上のアース棒は2m以上の間隔をあけているか。
金属類の接触 草木接触 破損