ドライブシャフトの構造と点検方法 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > ブーツ・ゴム > ドライブシャフトの構造と点検方法

ドライブシャフトの構造と点検方法

このページでは、ドライブシャフトの役割から、どのような構造であるか、またドライブシャフトブーツの修理の方法に関してご紹介します。

ドライブシャフトとは

ドライブシャフトとは車を動かす上で重要な役割を果たすシャフトと呼ばれる軸の部分であり、ドライブシャフトはディファレンシャフトギア(デフ)と車輪を接続しており、ドライブシャフトが駆動輪に回転を伝えることで車を進ませる役割を担っています。

ドライブシャフトは、ハーフシャフトとも呼ばれています。

ドライブシャフトの構造は、鋼鉄製で中空構造が一般的であり、箇所により太さや、厚みに変動があるのが特徴です。等速ジョイントへのドライブシャフトの接続部が細い程、ジョイント角(接続される2本の回転軸がなす角度)を大きく出来ます。

FF車(フロントエンジン・フロントドライブ)の場合、ドライブシャフトはトランスミッションと前輪を繋いでいます。また、FR車(フロントエンジン・リアドライブ)では後輪左右中心にあるデフと後輪を繋いでいます。

FR車ではリアデフを左右中心に配置できるため、等長ドライブシャフト(左右の長さが等しいシャフト)を使用出来ますが、FF車で横置きのトランスミッションでは、フロントデフを左右中央に配置することが難しく、そのままデフと車輪を接続した不等長ドライブシャフトを採用すると、左右のシャフト運動の仕方が異なるため、 急加速等行うと、トルクステアと呼ばれる車を旋回させようとする力が発生します。

このトルクステアを抑制するために、ドライブシャフトが長くなる方に、デフから導線上で回転するミドルシャフトやインターミディエイトシャフトなどの延長のためのシャフトを配置することにより、等長ドライブシャフトとなる構造の車が多いです。

ドライブシャフトの構造

ドライブシャフトの曲がる部分は等速ジョイントと呼ばれています。

ここで潤滑するようになっており、ゴムによって密封されています。これはドライブシャフトブーツと呼ばれています。ステアリングを切るたび、このドライブシャフトブーツが大きく曲げられています。 クルマが新しい際は問題ありませんが、古くなってくるとゴムそのものが硬化したり、ジャバラの谷が裂けてきたりします。こうなると、内部のグリスが回転するときの遠心力で飛散し、潤滑ができなくなってきます。 また、走行中に巻き上げた砂埃や水が入ると、ジョイント内部に詰まったり、グリスが流れだしサビを発生させたりします。

このような状態になると、ジョイントの動きが極端に悪くなり、走行中にステアリングを切れば、コトコトと異音を発生するようになります。よほどのことがない限り、折れるような破損には至ることは少ないですが、モータースポーツでは折れることもあります。 また、音が出始めると、内部にキズが残ってしまう可能性があり、その後グリスを入れ直しても直らないことがあります。そのため、ブーツが切れた場合は、早めに修理する様に心がけましょう。

ドライブシャフトの点検

ドライブシャフトの駆動を伝える上で大切なのが、等速ジョイントです。

等速ジョイントはドライブシャフトの両端に配置されており、この等速ジョイントがスムーズに回転できるようにグリス(潤滑剤)が塗布されるようになっています。

このグリスを塗布するために蓄えられている機構がダストブーツというゴム製の蛇腹構造で黒いパーツです。ダストブーツは破損すると、水やホコリなどの異物が侵入しグリスが劣化したり、グリスが漏れたりして、シャフトが滑らかに回転できなくなるため、 車検時に少しでも破損があれば、不合格となるほど重要項目であるので、点検をかかせない様にしましょう。

ブーツの亀裂や両端を固定しているクランプ(固定具)の状態をチェック

シャフトにガタつきがないかシャフトを握り、軸方向と垂直に交わる方向に動かしてみましょう。多少の遊びはありますが、大きくガタがなければ問題ありません。 ガタつきのチェックはガレージジャッキ等で車をちゃんと持ち上げた状態でのみ実施してください。注意点としては、車載ジャッキで持ち上げた際に強い力をかけないことです。

ドライブシャフトブーツの修理

ドライブシャフトブーツが破損した場合、新品に交換する必要があります。

すぐにシャフトに不具合を起こすわけではないため、修理の緊急性は低くありますが、砂利道や雨天走行は避けた方が良いです。しかし可能な限り早急な対応を心がけてください。修理はディーラーや整備工場へ行き対応してもらいましょう。

ドライブシャフトブーツは両端の大きな経のジョイントと、その間に細いシャフトがあり、ブーツはその中間にあります。ドライブシャフトを外し、分解してからの交換となります。 そのため、作業の手間が掛かりますが、ドライブシャフトの脱着が一切不要な分割式ドライブシャフトブーツもあります。しかし近年では、分割ブーツのように、ジャバラをタテに切ってあり、ドライブシャフトの脱着が一切不要なタイプもあります。 スピーディに作業ができ、カーショップでも修理を受け付けてくれるところがあります。しかし、このタイプのブーツでリペアしたシャフトには、内部に水が入る可能性もあります。