エンドミルの刃先の違い 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > バイト > エンドミルの刃先の違い

エンドミルの刃先の違い

今回ご紹介する、エンドミルには、様々な種類がございます。エンドミルの形状によっても分類しますが、その刃先にもタイプがあり、それはストレートタイプと呼ばれるピン角型とギャッシュ付きタイプと呼ばれるアタリ型が存在します。 それぞれの特徴は切削の際の加工の適した箇所によるものであります。 これらどちらを使用するかはその時々の加工場所を検討し使用する必要がありますので、今回の記事を参考に、どちらが適しているか検討材料として、また、エンドミルとはそもそもどのようなものであるかなどの基礎的な知識も踏まえ、ご提供できれば幸いです。

エンドミルとは?

エンドミルとは、フライス盤に使用するミルと呼ばれる工具のエンド(先端部)にも刃があるもののことを言います。

エンドミルの形状はドリルとよく似ていますが、ドリルが先端方向に円形の穴をあけていくのに対し、エンドミルは側面の刃によって垂直に穴を広げるのが一般的で、表面精度の高いものに仕上げる工具です。

さらに、先端にも切削刃があるため、ドリルと同様に先端方向にも穴をあけることが出来ます。その際は初めにドリルなどで下穴をあけます。

エンドミルの先端はシャープタイプとギャッシュ付きタイプがあります。この違いに関しては以降で説明しますが、基本的な違いとしては刃先の形状にあり、そのため切削目的に応じて選択する必要があります。

ピンカド・シャープタイプの特徴

刃先シャープタイプは、被削材に対して切り込みを浅めにして回転数を上げたい場合に使用されます。隅残り除去(ピン角)が必要な場合にもシャープコーナのエンドミルを使います。

耐チッピング性に劣りますが、刃先がシャープなため、加工精度がよく、精密仕上げ加工に適しています。ハイスエンドミルは超硬エンドミルに比べて靱性が高いため、ほとんどはシャープタイプです。

ギャッシュ付きタイプの特徴

ギャッシュ付きタイプとは、外周刃まで刃の溝(ギャッシュ)が達していて、刃物強度を高めた刃先処理をされているものです。このギャッシュ付きタイプはアタリとも呼ばれます。

この刃先処理を施されていないのが「シャープコーナ」タイプ、あるいは「ピンカド」とも呼ばれています。しかし溝(ギャッシュ)を付けると刃先のコーナーが後ろへ下がってしまうため、加工処理した部分に隅残りが発生してしまいます。 隅残りを取り除く時は、シャープタイプのエンドミルを利用してください。

エンドミルの刃先コーナーは、ねじれ角、すくい角、外周逃げ角、底刃逃げ角の刃物角から成り立っており、4面から追い込まれることによって、刃物角は小さくなっています。加工作業では振動や衝撃が発生し、コーナー部分が欠損しやすくなります。 ギャッシュ付きタイプは刃先の強度が高いため、欠損しにくいエンドミルとなっています。

エンドミルは、その掘削先端部以外にも形状によって分類することができます。それぞれには掘削時にどのように掘削できるか特徴が現れますので、適したものを選択する必要があります。以下でその一例をご紹介いたします。

  • フラットエンドミル
  • フラットエンドミルは、先端が平坦になっているエンドミルです。刃は最外径に構成され、水平面や垂直面を切削するのに用いられます。また、フラットエンドミルは下部の刃が弱くなっており、Z軸加工を行う際はボールエンドミルを使用するのがよいでしょう。
  • ボールエンドミル
  • ボールエンドミルは、先端が球のようになっています。曲面を切削する時や、仕上げ加工用に広く使われています。
  • ラフィングエンドミル
  • ラフィングエンドミルは先端が平坦になっており、フラットエンドミルと似た形状になっています。ラフィングエンドミルの側面には凹凸があり、フラットエンドミルよりも大きく切り込むことが可能です。
  • ラジアスエンドミル
  • ラジアスエンドミルは、フラットエンドミルのコーナーブランドページがR形状になったものです。ラジアスエンドミルは3次元加工に用いられることもあります。

以上のように主な5つをご紹介いたしました。エンドミルにはその刃先と形状によって様々な加工ができます。これらを切削時の検討材料として、選定をして適した加工を行ってください。


『切削工具』に関連するカテゴリ