工具の通販モノタロウ > エンドミル > エンドミルの各部の名称と切削条件

エンドミルの各部の名称と切削条件

モノタロウではエンドミルをオリジナルブランドで展開しています。エンドミルとはどのようなものなのか、エンドミルの各部の名前を改めて基礎からご説明し、またモノタロウオリジナルブランドで展開していますエンドミルの種類をご紹介いたします。

エンドミルとは?

エンドミルとは、フライス盤に使用するミルと呼ばれる工具(フライス盤を英語でmilling machineというためそれに使用する工具でミルと言う)のエンド(先端部)にも刃があるもののことを言います。

エンドミルの形状はドリルとよく似ていますが、ドリルが先端の方向に円形の穴をあけていくのに対し、エンドミルは側面の刃によって垂直に穴を広げるのが一般的で、表面精度の高いものに仕上げる工具です。

さらに、先端にも切削刃があるため、ドリルと同様に先端方向にも水平に穴をあけることが出来ますが、その際は初めにドリルなどで下穴をあけます。

特徴としては、非常に硬い被削材である鋼材・ステンレス・アルミなどに、穴、溝、平面および三次元曲面など様々な形状に切削加工を施すことが可能です。

エンドミルの各部の名称とそれぞれの説明

エンドミルの構造は大きく2つに分けられます。

1つはフライス盤とエンドミルを繋ぐ間に存在するホルダーと呼ばれる部品に、エンドミルの装着する部分であるシャンクです。

2つ目は、切削に使用する部分でボディーと呼ばれます。

ボディーにはチップポケットと呼ばれる溝があり、加工時に発生した切りくずを外に流す役割があります。JIB B 0172ではエンドミルの大きさは外径×刃長×全長×シャンクの大きさ(シャンク経)で表し、刃の直径を外径、刃の長さを刃長、エンドミル全体の長さを全形と呼んでいます。

またJISでは、より細かく各部の名称を分けており、下記のような名称があります。

  • 外径
  • ボディー
  • 溝の切り上げ
  • シャンク
  • シャンク径
  • シャンクの長さ
  • 刃長
  • 全長
  • センタ穴
  • ランド幅
  • 逃げ面幅
  • 外周第1逃げ角
  • 外周第2逃げ角
  • ねじれ角
  • 外周刃
  • 底刃
  • コーナ
  • 芯厚

エンドミルの種類の紹介

モノタロウでは、オリジナルブランドでエンドミルを取り扱っています。以下、おすすめの4種類をご紹介いたします。

1.普通刃

1つ目は、エンドミルの代表的な種類の普通刃です。

普通刃は最も汎用的なタイプで、 溝加工、側面加工、肩削り加工だけでなく、粗削りから中仕上げ、仕上げまで様々な状況において使用が出来ます。

2.ラフティング刃

ラフィング刃は主に粗取り用に使用します。切りくずが小さく分断されるため、切削抵抗が小さく深彫や溝加工にも適しているものです。

側面の切れ刃に凹凸があるため、通常のエンドミルよりも大きく切り込めます。また、用途により磨耗する箇所は様々ですが、特に刃先の磨耗に注意が必要です。

3.ボール刃

ボール刃は刃先が球体のためR加工や、3次元加工など、 曲面加工で大いに活躍します。注意したいのは、先端部のチップポケットが小さいので切りくずの排出が悪い点と刃先がR形状のために、先端部に特に圧力がかかり、刃こぼれ・磨耗が激しくなる点です。

4.深リブ用ロングネック

深リブ用ロングネックはロングネックタイプ細径で、 深彫り用として用いられます。

切削条件の計算方法

スクエアエンドミル
  • 切削速度
  • Vc=π×Dc×n/1000
  • n=1000×Vc/π×Dc
  • 送り速度・送り量
  • Vf = n × f   f = Vf/n
  • Vf=n×fz×Z  fz=f/Z=Vf/n×Z
  • 切込み
  • ap:軸方向の切込み(深さ)
  • ae:半径方向の切込み(切削幅)
ボールエンドミル
  • 切削境界部(D1)
  • D1=2×2×R×ap-ap2
  • ▼下記のように表記する
  • 切削速度と送り速度・送り量
  • Vc:切削速度(m/min)
  • π:円周率≒3.14
  • Dc:エンドミル直径(mm)
  • n:回転速度(min-1)
  • Vf:送り速度(mm/min)
  • f:1回転当たりの送り量(mm/rev)
  • fz:1刃当たりの送り量(mm/t)
  • z:刃数