工具の通販モノタロウ > エンジンオイル > エンジンオイルの種類と規格

エンジンオイルの種類と規格

エンジンオイルはエンジンのパフォーマンスを大きく変えることを、ご存知でしょうか。エンジンオイルには、エンジンを長持ちさせたり、本来のパフォーマンスを発揮させるなど、大変重要な役割があります。 また、エンジンオイルには規格があり、寒い地方や、温かい地方によっても最適なエンジンオイル選びは変わってきます。また、軽油車やガソリン車でもエンジンオイルは変わってきます。このページでは、多様なエンジンオイル選びの上で、エンジンオイルの基礎から知って頂き、これからのエンジンオイル選びの参考になればと思います。

エンジンオイルとは

エンジン内で往復運動をするピストンやバルブ、回転するクランクシャフトやカムシャフトなどを支える部品が、直接接触せずに摩擦を減らしスムーズに動くための潤滑油としてエンジンオイルが存在します(潤滑作用)。

エンジンオイルは、エンジン下部にあるエンジンオイルパンという容器に蓄えられ、エンジン作動時に吸い上げられエンジンの各部に送られます。 また、エンジンオイルは潤滑の役割だけでなく、部品同士の衝突を緩和する緩衝作用や、部品が錆びないように油膜の役割を果たす防錆作用、シリンダー付近で周囲の熱を奪う冷却作用、エンジン内を循環しながら汚れや異物を洗い流す洗浄作用、シリンダーとピストンの僅かな隙間を埋める気密作用があります。

潤滑を終えたエンジンオイルは重力で落下し、エンジン内を伝わりオイルパンに戻ります。この一連の循環を潤滑装置と呼びます。

エンジンオイル

エンジンオイルの種類

エンジンオイルの種類は、ベースオイルによってガソリンエンジンオイルかディーゼルエンジンオイルかの2つに分類することが出来ます。

ディーゼルエンジンオイルはガソリンエンジンとして使用出来ますが、ガソリンエンジンオイルはディーゼルエンジンとして使用出来ません。 これは、ディーゼルエンジンに使用されている軽油に硫黄が含まれ、硫黄が燃焼すると硫黄化合物になるためディーゼルエンジンオイルに含まれるアルカリ分によって、硫黄化合物の酸性を中和し、エンジン内部の腐敗を防止しなければならないからです。

ディーゼルエンジンオイルには上記の様に化合物が含まれているため、ディーゼルエンジンにはディーゼルエンジンオイルか、ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンどちらにも使用できる、ユニバーサルオイルを使用しましょう。

ガソリンエンジンにはガソリンエンジン、ディーゼルエンジンオイル、ユニバーサルオイルが使用できます。

エンジンオイルのベースオイルに関しては、3種類あります。

1.鉱物油

現在最も一般的に普及しており、原油から不要や有害な成分を取り除いて作られているオイルです。

2.部分合成油

鉱物油の弱点の揮発性の高さを化学合成油あるいは水素化精製油を20%〜30%混合で補い性能を高めたオイルです。

3.化学合成油

鉱物油を化学分解して化学的に作られたオイルです。エンジンの洗浄や環境面に配慮した添加剤を化学合成させています。不要な成分は全く含まれておらず、低温時でも流動性が非常に高いので、冬場でもパフォーマンスを落としません。

エンジンオイルの規格

エンジンオイルは品質による規格と粘度による規格があります。

品質では、API規格と呼ばれる米国石油協会(American Petroleum Institute)がエンジンオイルの品質を定めたものと、ILSAC規格と呼ばれる、日本の国際潤滑油標準化認定委員会(International Lubricant Standardization Approval Committee)が、 API規格に「省燃費性」を加えた規格とがあります。

API規格は、ガソリンエンジンオイルがSの記号で表記され、ディーゼルエンジンオイルはCの記号で表記されます。このSやCの記号の後に、品質の等級の記号がSではA〜Nまでの12種類で、CはA〜Fまでと4を含めた7種類に分類されています。 ですので、実際にはSAの様に表記され、ユニバーサルエンジンオイルの場合、「SM/CD」の様に表記されます。

ILSAC規格の場合、API規格のSHからSNまでを、GF-1〜GF-5として表記します。

粘度による規格ではSAE規格という、米国自動車技術者協会(Society of Automotive Engineers)が定めた基準を一般的に使用しています。

5W-20の様に表記され、5Wは5WINTER(冬)の略で5が低温時での粘度を表しています。この数値が小さい程低温時でも粘度が柔らかいという意味です。また、20は高温時に粘度の硬さを保つことを意味しています。この数値が大きいほど高温時でも硬さを保つことが出来ます。

低温時と高温時の数値の幅が広い程、様々なシーンに対応出来ます。