防毒マスクに関する留意事項 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ>防毒マスク>防毒マスクに関する留意事項

防毒マスクに関する留意事項

 

防毒マスクの選択に当たっての留意事項

吸収缶(ハロゲンガス用、有機ガス用、一酸化炭素用、アンモニア用、及び亜硫酸ガス用のものに限る)及び面体ごとにそれぞれが、型式検定合格標章により型式検定合格品であることを確認すること。
性能が記載されている取扱説明書などを参考に、それぞれの作業に適した防毒マスクを選ぶこと。
作業環境中の有害物質の種類、濃度及び粉じん等の有無に応じて、面体及び吸収缶の種類を選ぶこと。その際、以下の事項について留意すること。
有害物質の種類、発散状況、濃度、作業時のばく露の危険性の程度を着用者に理解させること。
作業環境中の有害物質の濃度に対して十分な余裕のあるものを選ぶこと。
有機ガス用防毒マスクの吸収缶は、有機ガスの種類により試験ガスと異なる破過時間を示す場合が有ること。(特にメタノール、ジクロルメタン、二硫化炭素、アセトン等については著しく短くなる)
使用する環境の温度又は湿度によって、吸収缶の破過時間が短くなる場合があること。
吸収缶の破過時間の推定が必要な際には、当該吸収缶の製造者等に照会すること。
ガス又は蒸気状の有害物質が粉じん等と混在している作業環境中では、粉じん等を捕集する防じん機能を有する防毒マスクを選択すること。
防じん機能を有する防毒マスクの吸収缶は、作業環境中の粉じん等の種類、発散状況や作業時のばく露の危険性の程度を考慮した上で適切なものを区分の中から選ぶこと。
2種類以上の有害物質が混在する作業環境中で防毒マスクを使用する場合は、混在する2種類についてそれぞれに合格した吸収缶を選定すること。この場合の吸収缶の破過時間については、当該吸収缶の製造者等に照会すること。
防毒マスクの顔面への密着性の確認
着用者の顔面と防毒マスクの面体との密着が十分でなく漏れがあると、有害物質の吸入を防ぐ効果が低下するため、陰圧法又は陽圧法により密着性の良否を確認させること。作業時と同じように保護具類を正しく装着した状態で確認を行うこと。
 

防毒マスクの使用に当たっての留意事項

防毒マスクは酸素濃度18%未満の場所では使用してはならないこと。
防毒マスクを着用しての作業は、通常より呼吸器系等に負担がかかることから、呼吸器系等に疾患のあるものについては、防毒マスクを着用しての作業が適当であるか否かについて産業医等に確認すること。
着用する際には、その都度、着用者に点検を行わせること。また、予備の防毒マスク、吸収缶を用意していること。未使用の吸収缶にあっては、製造者が指定する保存期限を超えていないこと。また、包装が破損せず気密性が保たれていること。
防毒マスクの使用時間について、当該防毒マスクの取扱説明書及び破過曲線図、製造者等への照会結果等に基づいて、有害物質の濃度や環境温度及び湿度等の状況に対して余裕の有る使用限度時間をあらかじめ設定すること。吸収缶に添付されている使用時間記録カードには、使用した時間を必ず記入し、使用時間を超えて使用させないこと。
防毒マスク使用中に有害物質の臭気等を感知した場合は、直ちに着用状態の確認を行わせ、必要に応じて吸収缶を交換させること。
防毒マスクを適正に使用させるため、一度使用した吸収缶は、十分な除毒能力の残存が確認できるもののみ再使用することができる。ただし、メタノール、二硫化炭素等、破過時間が試験ガスよりも著しく短い有害物質に対して使用した吸収缶は再使用させないこと。
顔面と面体の接顔部の位置、しめひもの位置及び締め方等を適切にさせること。しめひもは耳にかけず後頭部において固定させること。
着用後、空気の漏れ込みがないことをフィットチェッカー等を用いて確認させること。
次のような防毒マスクの着用は行なわせないこと。
タオル等を当てた上から防毒マスクを使用すること。
接顔部に「接顔メリヤス」等を使用すること。
着用者のひげ、もみあげ、前髪等が接顔部に入り込んだり、排気弁の作動を妨害するような状態で使用すること。
防じんマスクの使用が義務付けられている業務において防毒マスクの使用が必要な場合には、防じん機能を有する防毒マスクを使用させること。吹きつけ作業等のように、防じんマスクの使用義務のない業務であっても、有機溶剤の蒸気と塗料の粒子等が混在している場合は、同様に、防じん機能を有する防毒マスクを使用させること。
 

防毒マスクの保守管理上の留意事項

予備の防毒マスク、吸収缶、その他交換部品を常時備え付け、適時交換して使用できるようにすること。
使用後は有害物質や湿気の少ない場所で、各部品の状況及び吸収缶の固定不良や破損等の状況を点検し、手入れを行うこと。取扱説明書に特別な手入れ方法が記載されている場合は、その方法に従うこと。吸収缶については、充填材の吸湿、又は乾燥等により能力が低下するものが多いため、使用直前まで開封しないこと。
次のいずれかの場合は、防毒マスクの部品を交換、又は防毒マスクを廃棄すること。
吸収缶については破損若しくは著しい変形が認められた場合又はあらかじめ設定した使用限度時間に達した場合。
点検後は直射日光の当たらない湿気の少ない清潔な場所に専用の保管場所を設け、管理状況が容易に確認できるようにすること。保管に当たっては、積み重ね、折り曲げ等による破損等の異常を生じないようにすること。
なお、一度使用した吸収缶を保管すると、一度吸着された有害物質が脱着すること等により、破過時間が破過曲線より推定した時間より著しく短くなる場合があるので注意すること。
使用済みの吸収缶の廃棄にあっては、吸収剤に付着した有害物質が遊離し、又は吸収剤が飛散しないように容器又は袋に詰めた状態で廃棄すること。
 

製造者等が留意する事項

防毒マスクの販売に際し、事業者等に対し、防毒マスクの選択、使用等に関する情報の提供及びその具体的な指導をすること。
防毒マスクの選択、使用等について、不適切な状態を把握した場合には、これを是正するように、事業者等に対し、指導すること。

『防毒マスク』に関連するカテゴリ