投げ込みヒーターの使い方と注意点 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > パイプヒーター > 投げ込みヒーターの使い方と注意点

投げ込みヒーターの使い方と注意点

冬のような気温が下がる時期の屋外作業では、投げ込みヒーターがあると便利です。水を入れたバケツなどに、投げ込みヒーターを入れるだけでお湯を沸かすことができます。また食品を温めることも可能です。道具の使い方と注意点を確認しておきましょう。

投げ込みヒーターの使用例

投げ込みヒーターは容器に入れるだけで、電気でお湯が沸かすことができる、使い勝手の良いアイテムです。特に冬の作業現場に最適で、大工、左官、塗装、ボンド接着、クロス貼り、タイル貼りなどの現場で重宝します。

たとえば、寒い現場で休憩時に温かいコーヒーが飲めたりするのは便利です。経費削減のために、ディスカウント店で缶コーヒーをまとめ買いておけば、現場で投げ込みヒーターを使って温めなおすこともできます。

また屋外でお湯が使えるので、換気扇などの油汚れも落としやすいです。ほかにも作業現場での道具や工具などの汚れ落としに、アウトドアでレトルト食品の温め・食器洗いに、園芸や農作業の後片付けに、さまざまな用途で使用できます。寒さでカチカチになったコーキングをお湯で温めるのにも便利でしょう。

注意点

投げ込みヒーターは空焚きすると危険です。空焚きとは空焼きとも呼ばれるもので、加熱する水に熱が伝わらず、ヒーターが異常な温度になることを指します。このような使い方はヒーターの寿命を短くし、ヒーターの絶縁不良や断線により焼損するため注意してください。

また空焚きをすると、電気絶縁が低下して漏電ブレーカーが作動するほか、過熱でヒーターが破損することもあります。本体が高温になりすぎると火傷や火災の原因にもなるので注意してください。バケツなどに加熱ヒーターを入れて使用する場合は、水位の変化に注意し、発熱部より水が下がらないようにしましょう。 発熱部が直接加熱槽に触れるのも避けてください。安全に使うためには、温度コントロールや水位スイッチなどが付いたタイプの使用も検討するとよいでしょう。

なお、電源端子は非防水なので、水没すると危険です。水を補給しなかった場合は、空焚きによりヒーター電気絶縁抵抗が低下します。発熱部が腐食または変形が見られ、縞模様ができているのがわかります。発熱上部にある黄銅製の接続管まで高温になると変色してしまうのです。 黄銅は銅の融点より高いので注意が必要です。この部分は発熱しないのですが、発熱部が高温になりすぎると熱が伝わり、変色や変形が起こります。

投げ込みヒーターの故障や火災、火傷などのトラブルは、ほとんどが人為的なミスが原因です。ヒーターを水が入ったバケツなどに入れるだけと設置は簡単なのですが、注意して使用しないと本体が水没したり、水位が少なくなったりします。 そのため、管理が難しい場合は予算に合わせて安全装置を選択し、危険な状態を予防できるようにしてください。 万が一ヒーターが損傷した場合は、速やかに電源を切り使用を中止しましょう。また加熱した場合は水位が正常でも本体は高温となっているので、取り出す場合には冷めてからにしてください。ちなみに水没の予防は、付属のフックを使用すれば防ぐことができます。

<まとめ>

投げ込みヒーターは、冬の作業現場に便利な道具です。ただし、使い方が簡単であるがために、間違った使用法で故障や火災、火傷のトラブルも起きています。安全に使うためには正しい使い方を理解し、どのような場合で問題が出るのか知っておくことが大切です。 長い間、目を離すことが多い現場では、安全装置が付いたものを選択してトラブル防止に努めてください。また間違った使い方で破損したものは使用を中止しましょう。