熱中症の症状と対処法 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > 熱中症対策・節電対策 > 熱中症の症状と対処法

熱中症の症状と対処法

熱中症とは、気温・湿度や運動などによって体温が上がり、身体の機能に様々な障害が起こる状態のこと。特に工事現場の作業員や厨房スタッフなど暑い場所で働く方は、熱中症にならないよう気を配る必要があります。実際にどのような症状がでてどういった対策法があるのか見ていきましょう。

熱中症の症状

熱中症と一口に言っても、その症状は様々です。放っておくと命に関わるケースもあるので、身体のサインを見逃さないようにしましょう。熱中症には、大きく分けて4種類があります。以下のように熱中症の主な症状をまとめました。

熱失神

熱を体外へ逃がすために皮膚の血管が広がり血圧が低下し脳への血流が減少

症状:めまい・一時的な失神・顔面蒼白

熱けいれん

大量に汗をかいたのに、水だけを補給したために血液中の塩分濃度が低下する

症状:筋肉痛・手足がつる・筋肉のけいれん

熱疲労

大量に汗をかいたのに充分な水分補給が行われず、体が脱水状態で体温は40℃以下

症状:全身の倦怠感・吐き気・嘔吐・頭痛・集中力や判断力の低下

熱射病

体温が40℃以上になり、体温調節ができないなどの中枢機能に異常をきたした状態少

症状:体温が高い・意識障害・呼びかけや刺激への反応が鈍い・言動が不自然・ふらつく

熱中症の対処法

自分で「ちょっとおかしいな」と思ったら、すぐに対処することが大切です。また熱中症にかかってしまった人がいたら、急いで応急処置を施しましょう。症状が良くならない場合や「意識がない」といった重度の場合は、すぐに救急車を呼んで医療機関を受診してください。

(1)涼しい場所に移動する

すぐにエアコンの効いた室内に移動してください。建物が近くにない場合は風通しの良い木陰などでも構いません。めまいや頭痛がある場合は脳に血液が回りにくくなっている状態なので、足を頭よりも高く上げて安静にしてください。

(2)衣服をゆるめ、体温を下げる

ネクタイやベルトをゆるめ、風通しを良くします。保冷剤や氷を当てたりうちわで扇いだりして身体の熱を放出させましょう。特に首周りや脇の下、足の付け根を冷やすと体温を下げるのに効果的です。

(3)水分・塩分を補給する

大量に汗をかいていたり「熱けいれん」を起こしていたりする場合は、水分だけを摂取すると更に血液中の塩分濃度が下がり、かえって症状を悪化させてしまう可能性があります。スポーツドリンクなどで塩分も一緒に摂取してください。 ただし意識障害を起こしている場合や嘔吐を伴う場合は、無理に飲ませると気道に入る恐れがあるのでやめましょう。

<まとめ>

熱中症は、対処が遅れると命に関わる重大な症状です。甘く見ず、普段から水をこまめに飲むなどの対策を取っていきましょう。万が一起こってしまった場合は、適切な対処を取り、早めに医療機関を受診してください。