工具の通販モノタロウ > ヘルメット > バイクヘルメットの規格について

バイクヘルメットの規格について

走行時に頭部を保護してくれるバイクヘルメット。命に関わる用品のため、各種の安全基準が設けられています。様々なマークで表されているこれらの規格は、検査方法も基準も多種多様です。バイクヘルメットの規格についてご紹介しましょう。

バイクヘルメットの安全規格とは?

道路交通法により、バイクに乗る時にはヘルメットの着用が義務付けられています。ヘルメットには、様々なマークが表示されています。これは、ヘルメットの安全性がどんな基準を満たしているかを表すマークです。製品安全協会や一般財団法人など、各団体が定めた規格をクリアしたヘルメットに表示されています。

また、安全規格には「強制規格」と「任意規格」があり、強制規格である「PSC」「SG」マークがないヘルメットは日本の小売店で販売を許されていません。任意規格は、更に安全性が高い製品であることを示しています。ヘルメットを選ぶ際には、安全規格も考慮して選びましょう。

規格の種類

では、実際にどんな安全規格があるのか見ていきましょう。日本の販売店には様々な規格に認定されたヘルメットが並んでいますが、代表的なものをご紹介します。

【PSG】

消費生活用製品安全法に基づき、製品安全協会が定めた安全基準を満たしていることを示すマークです。このマークがないと、日本国内の販売店で「乗車用」として販売することはできません。 逆に言えば、このマークがないヘルメットは鑑賞用や装飾用ということです。乗車用として購入する際は、必ずこのマークがあることを確認しましょう。

【SG】

製品安全協会が定める認定基準に適合していることを示すマークです。このマークがついていると、製品の欠陥によって人身事故が起こった場合、最高で1億円の保険金が支払われます。安全基準としてはPSCと同等もしくはやや上であり、PSCとセットで表示されることが多いです。 また、125cc以下用と排気量無制限の自動二輪車用では基準が異なるため、使用するバイクに応じた方のマークを選ぶ必要があります。

【SNELL】

非営利機関「スネル財団」が認定する規格で、安全性を測る基準としては、世界一厳しいことで有名です。落下試験(平面アンビル試験)では、1回目7.75m/s、2回目6.78m/sを発生させる高さから落とし、ヒビが入らないかをテストします。 貫通性能試験では、3kgのストライカ(ヘルメットに垂直落下して打撃を与える鋼鉄の槍)を3mの高さから落とします。あご紐試験では、あご紐に38kgの重さを吊り下げて0.12m落下させ、あご紐の伸びを計測。 ロールオフ試験では、4kgの重りを0.6m落下させて人の頭を模した人形からヘルメットが脱げないことを確認します。これらのテストをくぐりぬけたSNELL規格のヘルメットは、非常に安全性が高いと言えるでしょう。

【ECE】

日本工業規格が定めた安全基準に適合していることを示すマークです。日本における規格として、強制規格(PSC、SG)よりも厳しいテストをくぐりぬけたことを表します。落下試験では、1回目7m/s、2回目5m/sを発生させる高さから落とします。貫通性能試験では、3kgのストライカを2mの高さから落とします。 あご紐試験では、あご紐に10kgの重さを吊り下げて0.75m落下させてあご紐の伸びを計測し、ロールオフ試験では10kgの重りを0.5m落とし、ヘルメットが人頭模型から外れないことを確認します。硬さと衝撃吸収性については、SNELLとECEの中間と考えると良いでしょう。

【JIS】

日本工業規格が定めた安全基準に適合していることを示すマークです。日本における規格として、強制規格(PSC、SG)よりも厳しいテストをくぐりぬけたことを表します。落下試験では、1回目7m/s、2回目5m/sを発生させる高さから落とします。貫通性能試験では、3kgのストライカを2mの高さから落とします。 あご紐試験では、あご紐に10kgの重さを吊り下げて0.75m落下させてあご紐の伸びを計測し、ロールオフ試験では10kgの重りを0.5m落とし、ヘルメットが人頭模型から外れないことを確認します。硬さと衝撃吸収性については、SNELLとECEの中間と考えると良いでしょう。

【Arai】

日本のヘルメットメーカー「アライヘルメット」が独自に設けた自社規格です。SNELL規格よりも更に厳しい審査基準が定められているため、アライ規格に適合したヘルメットはSNELL規格も満たしていると言えます。 アライヘルメットがSNELL規格として販売しているすべての自社製品に、一般・レース用問わず適用されている規格です。

【MFJ】

日本モーターサイクル協会が定めた競技用ヘルメットの規格。競技用規格のJISに適合したヘルメットが認定され、MFJ公式のレースに出る際には必ず必要です。認定されると「MFJ公認シール」が貼られます。

<まとめ>

バイクの死亡交通事故は、およそ半数が頭部へのダメージによるものだと言われています。ヘルメットはライダーの命を守る重要な装備品。社用バイクを準備する場合などは、ヘルメットについても、安全規格をチェックしたうえでしっかりと選びましょう。