蝶番(丁番)の種類と用途 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > 蝶番、ヒンジ > 蝶番(丁番)の種類と用途

蝶番(丁番)の種類と用途

建築現場をはじめ、一般オフィスの扉の修繕や建具の調整など、蝶番(丁番)は様々なシーンで用いられます。しかし、一口に蝶番と言っても実に豊富な種類があり、目的や用途に応じて使い分けが必要です。各種の特徴を知り、シーンに応じて必要な蝶番を選べるようにしておきましょう。

蝶番とは?

「蝶番」は「丁番」とも書き、「ちょうつがい」「ちょうばん」あるいは「ヒンジ」と呼ばれます。開き戸や箱の蓋を開閉できるようにするための金具のことで、止まっているつがいの蝶々の形に似ていることから、蝶番と呼ばれるようになりました。 建築業界では「丁番(ちょうばん)」という呼び方をすることが多いようです。

なお、単に蝶番と言うときは、最もオーソドックスな「平蝶番」を指すのが一般的です。2枚の金属板(プレート)を1本の回転軸に連結させたもので、軸を中心に左右に金属板が開くタイプです。しかし蝶番は非常に種類が多く、平蝶番の他に用途に合わせた大小様々な蝶番が存在します。

蝶番の種類と用途

蝶番の種類についてご紹介しましょう。大きな扉の設置に適したタイプやバネの力で元の位置に戻るタイプなど、それぞれに特徴があります。

  • 長蝶番
  • 長蝶番

その名の通り、長い蝶番です。縦に長い扉などに設置することで、扉のたわみや反り返りを防ぎます。扉やピアノ、ライティングデスクなどによく用いられる種類です。


  • 抜き差し蝶番
  • 抜き差し蝶番

軸とプレートが分かれており、取り付け後でも簡単に抜きとれるため、現場の吊り込み作業に向いています。右用・左用に分かれているため注意が必要です。


  • 旗蝶番
  • 旗蝶番

扉側と取り付け側で上下に分かれており、かつ、全体の半分ほどの高さのプレートを持っています。取り付けると360度回転するのが特徴です。軸が太いタイプが多く、重量のある扉や門戸などに向いています。


  • スプリング蝶番(バネ蝶番)
  • スプリング蝶番(バネ蝶番)

その名の通り、バネが内蔵された蝶番です。軸部分のバネ機構により、元に戻る力が働くため、開けた後に手を離すと閉まります。常に閉じておきたい扉やカウンターなどにオススメです。片開きと両開きがありますが、自由蝶番のようにバネの強弱を調整することはできません。


  • スライド蝶番

開けた時に軸が移動するため、扉の着脱が可能な蝶番です。扉を閉めると外からは見えません。隣の扉に干渉しないため、連続扉にも最適です。キャビネットや収納棚に多く使われています。


  • 自由蝶番(両開)
  • 自由蝶番(両開)

ナックルの内側にバネが入っており、常に閉じる力が働く蝶番です。扉の内側・外側の両方向に開けられ、バネの強弱の微調整もできます。厨房に続く軸扉(くぐり戸)などにオススメです。


  • リリースヒンジ
  • リリースヒンジ

ワンタッチで装着できる蝶番です。軸をプッシュすると、片手でも簡単に軸が引っ込むため、扉の着脱を行うことができます。


  • トルクヒンジ
  • トルクヒンジ

好きな角度に保持できる、フリーストップ使用の蝶番です。監視カメラやモニターの設置に向いています。その他、急に扉が閉まることを防いでゆっくり閉まるタイプもあります。


  • クリーンヒンジ

部屋を清潔に保つことを目的に開発された蝶番です。金属同士が擦れ合って金属粉が飛散することを防ぐために、慴動部に樹脂でできたキャップを装着しています。


  • オートヒンジ丁番

扉の開閉スピードを制御する蝶番です。プレートが上下に分かれており、強弱の異なる2種類のスプリングで開閉スピードをコントロールします。


  • 儀星蝶番
  • 儀星蝶番

シンプルで耐久性のある蝶番で、重量のある玄関や室内の扉にオススメです。扉を開いた角度が90度になった時に、軸を上から抜くことができるため、取り付けも容易に行えます。


  • 角蝶番
  • 角蝶番

広げた時に四角い形になる蝶番で、軽い室内扉や小物などに向いています。軸と軸が硬く密着されているので、プレート部分が抜けません。


  • キャビネット蝶番
  • キャビネット蝶番

その名の通り、キャビネットやサイドボード、吊戸棚などに使われる蝶番です。扉部分と外板がどのように接地するかによって2種類あり、外板の中に扉が入って蝶番が完全に内側にくるタイプを「インセットタイプ」、 外板と扉がかぶさるように設置するタイプを「かぶせタイプ」と呼びます。


  • 隠し蝶番
  • 隠し蝶番

扉を閉めた時に全く見えなくなるタイプの蝶番です。木製扉でも金属扉でも使用できます。スッキリと見せることができるため、デザイン性を重視した扉にオススメです。また、閉めた時にどこに蝶番があるかわからないため、防犯性も期待できます。


  • ガラス蝶番
  • ガラス蝶番

ガラス扉やアクリル扉のための蝶番です。ガラスを挟み込むように設置するタイプと、ガラスに穴を開けて設置するタイプの2種類があります。いずれもガラスの厚さがポイントです。

<まとめ>

蝶番はどれでも良いというわけではありません。合っていない蝶番を使用すると、すぐに壊れてしまったり事故に繋がってしまったりする可能性があるためです。今回の内容を参考に、使用する箇所や対象物に合わせて最適な蝶番を選びましょう。