工具の通販モノタロウ > ヘルメット > ヘルメットの種類と使用区分・材質別比較表

ヘルメットの種類と使用区分・材質別比較表

ヘルメットの種類

ジェットタイプ
ジェットタイプ
  • 後頭部を覆っているが、顔面は露出しているため開放感がある。
  • フルフェイスタイプより顔面の保護能力は劣るが、視野も広く利便性は高い。
ハーフタイプ
ハーフタイプ
  • 軽量で気軽にかぶれ、比較的安価なものが多い。
  • 覆う部分が少ないため開放感がある。
  • 日本では125cc以下のオートバイ用規格で製造されている。
フルフェイスタイプ
フルフェイスタイプ
  • 顔全体を覆っているため安全性が非常に高く、風を巻き込みにくいことが特徴。
  • 安全性を重視している方におすすめ。

アメリカンタイプヘルメット
アメリカンタイプヘルメット
  • 「欧米型」とも呼ばれる。ひさし(つば)があり、前頭部にリブと呼ばれる出っ張りが特徴的。歴史は浅いが、現在の保護帽の主流となっている。
  • デザイン性に優れる。
  • 付加機能が豊富で、首筋への雨垂れの侵入を防ぐ側溝付きの機能をもった製品が多い。
  • MP型に比べてやや上方視界が狭い。
穴あき(通気孔あり)タイプ
  • 穴あき(通気孔あり)タイプ
  • 頭部のムレを低減し、夏場でも涼しく快適に。
  • 電気用には使用できない。
ひさし透明タイプ
  • ひさし透明タイプ
  • ひさしが透明のため、上方視界が拡大。
シールド付タイプ
  • シールド付タイプ
  • 頭部と同時に飛来物から顔を保護。
MP型ヘルメット
  • MP型ヘルメット
  • 球体形状により飛来物などの衝撃を逃しやすい。
  • シンプルなので物体への引っ掛かりが少ない。
  • 上方視界が広い。
  • シンプルな球体形状の保護帽で、ヘルメットのスタンダードタイプ。
  • 古くから存在し、現在も広範に使用されている。

ヘルメットの使用区分

飛来・落下物用 飛来・落下物用 飛来物又は落下物による危険を防止又は軽減するためのもの
墜落時保持用 墜落時保持用 墜落による危険を防止又は軽減するためのもの
電気絶縁用 電気絶縁用 頭部感電による危険を防止するためのもの
飛来・落下物用、墜落時保持用、電気絶縁用
飛来・落下物用、電気絶縁用

帽体の材質別比較表

特に優れている
優れている
やや劣る
× 劣る
熱可塑性
帽体の材質 耐燃・耐熱性 耐候性 耐電性 耐有機溶剤性 その他
ABS樹脂製:アクリロニトル、ブタジエン、スチレン × 耐電性には優れるが高熱環境での使用は不向き
PC樹脂製:ボリカーボネイト × 耐候性、耐熱性はABSより優れている
熱硬化性
帽体の材質 耐燃・耐熱性 耐候性 耐電性 耐有機溶剤性 その他
FRP樹脂製:ポリエステル樹脂をガラス繊維で強化した樹脂 × 耐候性、耐熱性は優れるが耐電用としては使えない