安全靴のJIS規格について 【通販モノタロウ】

安全靴のJIS規格について

JIS規格合格品とは

JIS規格(JIS T 8101)において合格し、規定された安全性を満たした靴を安全靴と呼びます。具体的には、着用者のつま先を保護する先芯を搭載し、滑り止めを備える靴とされ、甲被が牛革製または総ゴム製に限られています。またJIS規格には、着用者の作業区分に分けた、重作業用「H種」、普通作業用「S種」、軽作業用「L種」があります。

JIS規格合格品とは

JIS T8101 規格の基準について

甲被による種類
種類 甲被
革製
総ゴム製 耐油性ゴム
非耐油性ゴム
作業区分による種類(記号)
作業区分 記号
重作業用
普通作業用
軽作業用

付加的性能による種類(記号)

作業区分による種類(記号)
作業区分 記号
耐踏抜き性
かかと部の衝撃エネルギー吸収性
足甲プロテクタの耐衝撃性
耐滑性

JIS規格とJSAA規格について

双方の規格対応表

JIS T 8101のS種はプロテクティブスニーカーの安全作業用(A種)に相当し、JIS T 8101のL種はプロテクティブスニーカーの軽安全作業用(B種)に相当しています。

表1
規格 JIS規格 T 8101
安全靴
JSAA規格
プロテクティブスニーカー
等級 H種
重作業用
S種
普通作業用
L種
軽作業用
A種
安全作業用
B種
軽安全作業用
耐衝撃性能 衝撃エネルギー(J) 100 70 30 70 30
ストライカ質量(kg) 20±0.2
落下高さ(cm) 51 36 15 36 15
中底と先芯のすきま 表2「試験時の中底と先芯のすきま」を参照ください
耐圧迫性能(kN) 15±0.1 10±0.1 4.5±0.04 10±0.1 4.5±0.04
表底はくり抵抗(N) 300以上 250以上 300以上
(革製)

200以上
(人工皮革・ビニールレザークロス製)
250以上
(革製)

150以上
(人工皮革・ビニールレザークロス製)
付加的性能※1
耐踏み抜き性(くぎ貫通時の力N) 1,100以上(付加的性能P)  規格なし
かかと部の衝撃エネルギー吸収性(吸収エネルギーJ) 20以上(付加的性能E) 20以上(必須性能E)
甲プロテクターの耐衝撃性
(100Jの衝撃エネルギーを与える高さから
質量20±0.2kgのストライカーを落下させた時の最低部の高さmm)
25以上(付加的性能M) 規格なし
耐滑性能(靴底の動摩擦係数) 0.20以上(付加的性能F) 規格なし
甲被、表底の材料
甲被 革製
総ゴム製
(耐油性ゴム、非耐油性ゴム)
革製
人工皮革製
ビニールレザークロス製
表底 合成ゴム
ウレタン
合成ゴム
ウレタン

※付加的性能はオプションです。

表2
試験時の中底と先芯のすきま
サイズ すきま(mm)
23.0以下 12.5以上
23.5~24.5 13.0以上
25~25.5 13.5以上
26~27 14.0以上
27.5~28.5 14.5以上
29以上 15.0以上

出典:シモン株式会社

プロテクティブスニーカーとは

つま先を先芯により保護する軽作業靴を、プロテクティブスニーカーと称します。その基準となるJSAA規格とは「一定の安全基準や耐久性」を有する製品規格として、公益社団法人 日本保安用品協会(略称:JSAA)が制定する、プロテクティブスニーカー規格の通称です。

プロテクティブスニーカーとは