工具の通販モノタロウ > リベット・鋲 > リベットによるカシメの方法

リベットによるカシメの方法

リベットによるカシメとは、塑性変形の仕組みによって強固な機械的接合を得ることができる工法です。リベットには、ブラインドリベット、中空リベット、打込リベット、樹脂リベットなどいくつかの種類があります。それぞれの特徴やカシメ方法を見てみましょう。

カシメとは

カシメとは、主にパンチとダイから成るプレスや、ハンドツールなどを用いてリベットを板材に打ち込むことで、リベット本体の塑性変形を利用して板材の接合を得る技法です。リベット自体は金属製のものが多く、樹脂製のものなども一部見られます。 カシメ方法は構造次第でいくつかの種類に分類できるので、代表的なタイプを見てみましょう。

ブラインドリベットのカシメ方法

ブラインドリベットとは、母材の片側のみから専用ハンドツールを用いて打ち込むことができるリベットです。

ブラインドリベットのメリット

大掛かりな製品や部品の込み入った製品、密閉製品などの組立においては、プレス機械を用いたカシメが事実上不可能であるケースも少なくありません。 このような場合、このブラインドリベットを使用することで簡単にカシメが実施できます。大掛かりなプレス機械が不要で初期投資が小さく、熟練技術も必要としないため、簡便なカシメ方法であると言えます。

また、ブラインドリベットはカシメの締結強度も十分に高いことが特徴です。溶接適性の悪い異種金属同士の接合の際に、溶接の代わりにブラインドリベットを用いる場合もあります。

ブラインドリベットのカシメ方法

ブラインドリベットでのカシメを行うには、まず、専用の軽量ハンドツールのノーズピースにリベットを差し込んでセットします。次に、あらかじめ適切な寸法で開けておいた下穴にリベットを挿入し、ハンドツールをワークにしっかりと密着させます。 最後に、ハンドツールのトリガーを引けば、自動的にブラインドリベットが塑性変形し、カシメ完了です。

ブラインドリベット

中空リベットのカシメ方法

中空リベットとは、リベットセッターを用いて下穴に通したリベットを塑性変形させ、簡単かつスピーディに締結を得るカシメ方法です。

中空リベットのメリット

締結作業を簡単に素早く行うことができて、十分に安定した締結が得られます。従来ネジやボルト・ナット締めによって締結を行っていた部分を、中空リベットに転換することで強度を保ったまま組立工程を大幅に簡略化することも可能です。 また、中空リベット本体に装飾があったり、導電性のある素材を使用したりしたものもあります。

中空リベットのカシメ方法

中空リベットでのカシメの手順は以下のとおりです。まずはあらかじめ任意の箇所に開けておいたワークの下穴を、リベットセッターのパイロットピンにはめて下さい。機械上部の柄が下降し、上部にセットされていたリベットの頭を押し下げます。 やがて、受け側のパイロットピンにガイドされながらリベットがワークを通過し、ダイの内部で塑性変形を起こして締結するのです。

中空リベット

樹脂リベットのカシメ方法

樹脂リベットとは、その名の通り樹脂素材でできたリベットです。

樹脂リベットの種類
  • プッシュリベット
  • プッシュリベット
  • 2 枚のパネルを簡単に締結します。
  • プッシュプルリベット
  • プッシュプルリベット
  • ぐらつかない強力タイプで、重荷重用途向きです。

  • ブラッシュクリップ
  • ブラッシュクリップ
  • 板厚が不安定な素材に適しています。ワンプッシュで締結が可能です。
  • カヌークリップ
  • カヌークリップ
  • 小径の穴にも対応が可能です。軽荷重向けのワンプッシュタイプです。
樹脂リベットのメリット

樹脂製であるため、常温での塑性変形が行えることが最大の特徴です。樹脂製であることを活かして豊富なカラーが展開されています。樹脂リベットではしばしば締結後に時間が経つと緩むことも少なくありません。 しかし、スプリングバック構造を得るように設計してカシメを行うと、このようなトラブルを防ぐことができます。

樹脂リベットのカシメ方法

基本的なカシメの方法は中空リベットと同様です。

樹脂リベット

打込リベットのカシメ方法

打込リベットとは、リベットそのものでワークを打ち抜いて穴を開けながら同時に締結を行うリベットです。

打込リベットのメリット

リベット本体でワークを打ち抜くため、下穴の準備が必要ありません。締結は他のリベット方法と同様に確実かつ安定性の高いものです。締結作業時にもカシメクズや煙の発生がなく、作業性も良好でしょう。

打込リベットのカシメ方法

打込リベットのカシメを行う際は、まずポンチの上にワークを配置します。次に、ダイのステムとキャッチャーがリベットを押し下げ、ワークに強い圧を加えて下さい。リベットがワークを貫通し、同時にポンチ側でリベットの端部を受けることで塑性変形の完了です。

<まとめ>

リベットによるカシメには、いくつかの工法がありますが、基本的な構造はどれも共通しています。それぞれの工法をよく理解し、現場の必要に応じた適切なリベット方法を選択しましょう。


『建材用スクリュー・釘・リベット・ステープル』に関連するカテゴリ