安全靴の種類と足幅の測り方

作業現場で必ず用いられる安全靴には、素材や仕上げの方法によっていろいろな種類があります。それぞれ異なる特徴と使用感となっており、サイズとあわせて自分にぴったりの靴を選ぶことが重要です。使いやすい安全靴を選ぶために、種類ごとの特徴と足幅の測り方についてご説明いたします。

安全靴とは

安全靴とは、日本工業規格(JIS)では「着用者のつま先を先芯によって防護し、滑り止め備える靴」と定義されています。工事現場や機械・部品を扱う工場内など、足への危険を伴う作業現場で着用される靴で、つま先に規定された強度をもつ先芯が装着されており、先芯は靴を損傷しなければ取り出せません。一般的にJIS規格に近い安全性能を持つ「作業靴」や「プロテクティブスニーカー」なども安全靴と呼ぶ場合もありますが、正しくはJIS規格に合格した物を「安全靴」と呼びます。作業内容・環境に合わせた安全靴着用の義務が労働安全衛生法・労働安全衛生規則によって定められています。

 

形状から選ぶ

短靴

  • 短靴
  • 形状:くるぶしまでの短い靴
  • 特長:着脱が簡単で汎用的
  • 作業:一般的な作業全般

中編上靴

  • 中編上靴
  • 形状:くるぶし隠すくらいの長さの靴
  • 特長:短靴と比べ土砂や水、異物、溶接火花等が靴の中に入りにくい
  • 作業:運搬作業・台車運搬作業・溶接作業

長編上靴

  • 長編上靴
  • 形状:スネ部までの長い靴
  • 特長:ズボンの裾を収納し引っかかりを防止する
  • 作業:保線作業・建築物解体作業・土木作業・高所作業

半長靴

  • 半長靴
  • 形状:スネ部まで長さで紐なしの筒状
  • 特長:靴の着脱が容易なので脱ぎ履きが頻繁な現場に適している
  • 作業:溶接作業・土木作業・建築作業・建築物解体作業

 

甲被の素材で選ぶ

JIS合格品

革製:溶接作業などに
  • クロムなめし革
  • 塩基性硫酸クロム(金属成分)でなめした革を使用。薄くて軽い
  • 特長:変色・変化が控えめで、メンテナンスを頻繁に行う必要がない。
  • 非クロムなめし革
  • 金属を使わずなめした革を使用。ハリ・コシがある。
  • 特長:革独特の風合いがでる。金属成分が含まれない為、人体・環境にやさしい

総ゴム製:建築作業などに
  • 耐油性ゴム
  • 油による劣化が少ないが耐寒性は低下
  • 非耐油性ゴム
  • 水現場の多い屋外作業にしなやかな履き心地

JSAA認定品

  • 人工皮革・ビニールレザークロス・編物製など
  • 安全靴規定の牛革に比べ耐久性は劣りますが、素材としての自由度があり多様なデザインがあります。

 

規格で選ぶ

JIS(日本工業規格)合格品【安全靴】

※JIS T8101の場合
(1)定められた材料を使用している
(2)JIS認可工場で製造
(3)完成品性能をクリアしている

JIS規格合格品

等級
  • H種(重作業用)
  • 先芯の耐衝撃性能100J・耐圧迫性能15kN、表底のはく離抵抗300N以上あるもの。
  • 用途:鉄鋼や鉱山など
  • S種(普通作業用)
  • 先芯の耐衝撃性能70J・耐圧迫性能10kN、表底のはく離抵抗300N以上あるもの。
  • 用途:機械・電気・石油作業など
  • L種(軽作業用)
  • 先芯の耐衝撃性能30J・耐圧迫性能4.5kN、表底のはく離抵抗250N以上あるもの。
  • 用途:倉庫内軽作業など

負荷的性能
  • 耐踏抜き性能
  • くぎの貫通時の力1,100N以上あるもの。
  • 表記記号:P
  • かかと部の衝撃エネルギー吸収性
  • 衝撃エネルギー吸収性20J以上あるもの。
  • 表記記号:E
  • 耐滑性
  • 動摩擦計数0.20以上あるもの。
  • 表記記号:F
  • 足甲プロテクタの耐衝撃性
  • 足甲部への衝撃の緩和。衝撃時の最低高さ25mm以上のもの
  • 表記記号:M

JSAA(公益社団法人日本保安用品協会)認定品【プロテクティブスニーカー】

(1)定められた材料を使用
(2)完成品性能をクリアしている

等級
  • A種(普通作業用)
  • 先芯の耐衝撃性能70J・耐圧迫性能10kN、表底のはく離抵抗300N(革製)200N (ビニルレザークロス製)以上あるもの。
  • B種(軽作業用)
  • 先芯の耐衝撃性能30J・耐圧迫性能4.5kN、表底のはく離抵抗250N(革製)150N (ビニルレザークロス製)以上あるもの。

負荷的性能
  • 衝撃吸収
  • 衝撃エネルギー吸収性20J以上あるもの。
  • 耐踏抜性
  • くぎの貫通時の力1,100N以上あるもの。
  • 耐滑性
  • 動摩擦計数0.20以上あるもの。

 

サイズで選ぶ

足幅の測り方

(1)足長(サイズ)を測る

足長は「かかと」から「つま先」までの長さです。なお、このとき「つま先」はもっとも長い足指の先端までを指します。

足長(サイズ)を測る

(2)足囲(ワイズ)を測る

メジャーを当てる位置は、親指の付け根の一番出っ張っているところと、小指の付け根の一番出っ張っているところです。そこからぐるりと一周回して測ってください。メジャーが斜めにずれないように注意しましょう。

足囲(ワイズ)を測る

(3)靴のサイズ表から足幅を確認

計測した二つの数字と、サイズ表を見比べてサイズを確認します。たとえば男性で足長26.5cm、足囲260mmだった場合、測定値の上位の近似値264mmで足幅3Eとなり、適応サイズは26.5 3Dです。

※このEの数が多い程、足の幅が広いタイプになります。

靴のサイズ表から足幅を確認

女性用
足長(cm) 足囲(mm)
表示 E 2E 3E 4E
19.5 207 213 219 225
20 210 216 222 228
20.5 213 219 225 231
21 216 222 228 234
21.5 219 225 231 237
22 222 228 234 240
22.5 225 231 237 243
23 228 234 240 246
23.5 231 237 243 249
24 234 240 246 252
24.5 237 243 249 255
25 240 246 252 258
25.5 243 249 255 261
26 246 252 258 264
26.5 249 255 261 267
27 252 258 264 270
男性用
足長(cm) 足囲(mm)
表示 E 2E 3E 4E
20 213 219 225 231
20.5 216 222 228 234
21 219 225 231 237
21.5 222 228 234 240
22 225 231 237 243
22.5 228 234 240 246
23 231 237 243 249
23.5 234 240 246 252
24 237 243 249 255
24.5 240 246 252 258
25 243 249 255 261
25.5 246 252 258 264
26 249 255 261 267
26.5 252 258 264 270
27 255 261 267 273
27.5 258 264 270 276
28 261 267 273 279
28.5 264 270 276 282
29 267 273 279 285
29.5 270 276 282 288
30 273 279 285 291

 

まとめ

重い物資を運搬する作業現場で使われる安全靴は、安全性はもちろん、デザイン性と機能性も重要です。また作業疲れを軽減するためにも、足にフィットしたサイズの安全靴を選ばなければなりません。安全靴の素材や仕上げの種類と、正しいサイズの測り方を理解し、使いやすい安全靴を見つけてください。

安全靴・作業靴の種類別の商品一覧

ブランド別
モノタロウ | ミドリ安全 | エスコ | ニッポンスリッパ | シモン | ミズノ (mizuno) | 丸五 | アサヒシューズ | 荒川産業 | ドンケル | すべてのブランド

『安全保護具・作業服・安全靴』に関連するカテゴリ