ストレッチフィルムの巻き方 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > ストレッチフィルム > ストレッチフィルムの巻き方

ストレッチフィルムの巻き方

搬送用の荷物を梱包するための透明な業務用フィルムをストレッチフィルムといいます。積み上げた段ボールなどが荷崩れしないよう固定し、同時に汚れや雨水から荷物を保護する役目を担うものです。こちらでは、ストレッチフィルムの上手な巻き方をご紹介します。

ストレッチフィルムの巻き方

ストレッチフィルムを巻く際は、「下から上に巻く」「あまり引っ張りすぎない」などがポイントとなります。作業の前には軍手をはめておきましょう。慣れていないとフィルムの摩擦熱によってヤケドをしてしまうためです。荷物をパレットなどに積んだら、以下の手順に沿って巻いていきます。

1.フィルムの先端を固定する。

フィルムを細くねじってパレットに「一結び」で結び付けるか、フィルムの先を丸めて荷物と荷物の間に挟み込みましょう。なるべく荷物の下の方に固定します。

2. 巻きの内側が荷物に当たるように。

フィルムを巻いていきますが、この時、フィルムの内側が荷物に当たるようにしてみてください。送り出しはしにくいかもしれませんが、フィルム同士が接着しやすくなるため強度が増します。

3. 一周目は引っ張らずに。三周巻く。

一周目は強く引っ張ると固定した部分が外れてしまうため、あまり引っ張らなくても大丈夫です。二周目からは引っ張りながら固定していきます。最下層は強度を高めるために三周巻いておきましょう。

4.下から上に巻いていく。

そのまま下から上に向かって巻いていきます。フィルム同士の1/4が重なるように巻いていくことがポイントです。重なった部分が下向きになるため、ゴミや雨が入りにくくなります。密着させることが大切ですが、あまり引っ張りすぎないように注意しましょう。角を巻く際に力を入れると引き締まります。

5.途中でひねりを加えると尚良し。

中段から上段に何度かひねりを入れると、途中でたわみが出ずに更に強度を増すことが可能です。

6.最上部は二周巻く。

一番上まで来たら、重ねて二周巻いてください。充分な強度が得られます。

7.荷物の角でフィルムをカットする。

巻き終わったら、荷物の角を利用してフィルムを切りましょう。端を手で押してフィルム同士を密着させてください。ストレッチフィルムは粘着性があるため、テープなどを使わなくても固定できます。最後に軽くフィルム全体の表面を押して、荷物を整えて完了です。

≪まとめ≫

端の固定が甘かったり、強く引っ張りすぎたりすると荷崩れの原因となるので気を付けましょう。最初は難しいかもしれませんが、慣れると手早くしっかり固定できるようになります。大切な荷物を守るためにも、上記を参考にしてキレイに巻いてみてください。