工具の通販モノタロウ > 寸胴鍋 > ステンレスの種類

ステンレスの種類

ステンレスの種類 主要成分(鋼に対して) 特長 取り扱い上の注意
クロム ニッケル モリブデン
SUS-410 13%以上 - - 錆びにくく耐食性が良い。 水気や塩気、油分など早めに落とさないと、錆が発生しやすい。また「もらい錆び」もしやすいので錆びた包丁や鍋などと接触させたままの収納は禁物。
SUS-304 18%以上 8%以上 - 13クロムより数倍錆びにくい。 汚れは早めに落とし、錆びやすいものとの収納は避ける。
SUS-304L 18%以上 10%以上 - 18-8より極めて錆びにくい。 汚れは早めに落とし、錆びやすいものとの収納は避ける。
SUS-305 18%以上 12%以上 -
SUS-310 20%以上 20%以上 - 金属特有の「カナケ」と呼ばれる味、臭いが低減。 取り扱いが非常に簡単で、通常の使用ではほとんど錆びない。
SUS-430 18%以上 - - SUS304に比べ価格経済性に優れるが、耐食性や強度は劣る。磁性がある。 汚れは早めに落とし、錆びやすいものとの収納は避ける。
SUS-444 18%以上 14%以上 3%以上 耐応力腐食割れ性に圧倒的にすぐれる。 長時間使用する場合、ソース、マヨネーズ、漬物等は一週間程度で入れ替えて水洗いする。