工具の通販モノタロウ > チューブ > チューブバルブの種類

チューブバルブの種類

チューブバルブとは、自転車などのタイヤの空気注入口のことです。チューブバルブには英式バルブ・仏式バルブ・米式バルブの3種類の製品があり、それぞれに特長があります。自転車の乗り心地はタイヤによっても大きく変わるので、そのタイヤの空気圧を維持してくれるチューブバルブは非常に重要なパーツだといえるでしょう。

チューブバルブの種類

チューブバルブには、英式バルブ・仏式バルブ・米式バルブの3種類があります。それぞれのチューブバルブの特長や長所、短所などをひとつずつ見ていきましょう。

英式バルブ

英式バルブの別名は「ダンロップバルブ」であり、もとを辿るとダンロップ社が開発したチューブバルブです。 また英式バルブと呼ばれているものの、現在の英国ではほとんど使用されていません。しかし日本においては、いまもっとも広く普及しているタイプであり、街乗りのカゴ付き自転車をはじめとして、一般的に市販されているシティサイクルの大半は基本的に英式バルブです。そのほかは、車椅子などにも使用されています。

英式バルブの長所

英式バルブの長所は、仏式や米式よりも比較的安価という点です。また、普及度の高さもメリットと言えるでしょう。日本でもっとも普及しているタイプなので、一般的に普及している空気入れポンプもこの英式バルブに対応しているケースが多いです。交換用パーツも容易に入手することができます。

英式バルブの短所

英式バルブの短所は、空気圧の調節が困難で高圧での使用に向かないことです。 構造上エアが漏れやすい上に、少しだけ空気を抜いて空気圧を微調整する機能や空気圧を測定する機能もありませんので、ロード車などの高圧で使用する自転車には不向きでしょう。また虫ゴム(バルブコア)という部品がバルブの内部に入っており、この部品は1年程度で劣化してタイヤの空気漏れが始まるため、適宜交換する必要もあります。

英式バルブ

仏式バルブ

仏式バルブとは、またの名を「フレンチバルブ」「プレスタ」と呼びます。スポーツ車やマウンテンバイクをはじめとしたレース用自転車に広く使用されており、高圧での使用には最適です。

仏式バルブの長所

仏式バルブの長所は、まず軽量であることです。バルブ自体がほっそりとしているため、重量が軽くできています。レース用自転車などにおいては、タイヤの回転部分の重量はマシンの加速性能に大きく関わってくるので、仏式バルブの軽さは見逃せない長所です。 また仏式バルブは英式バルブとは異なり、バルブ内部に弁が内蔵されているので、少しずつ空気を排出するという空気圧の微調整もできます。走行の状況に応じて空気圧を調節したい場合に適しているタイプだといえるでしょう。

仏式バルブの短所

仏式バルブの短所はバルブ自体が細くて軽いために、ほかのタイプのチューブバルブに比べるとやや壊れやすい点です。空気入れでポンプの口金を付け外しする際は、丁寧に取り扱わないと破損させてしまう可能性があります。 また空気入れの際には専用の口金形状を備えたポンプが必要なので、英式バルブの自転車を使用している人だと買い足さなければなりません。ただし、口金形状を合わせるアダプターがあるので、それを使用する方法があることはおさえておくといいでしょう。

仏式バルブ

米式バルブ

米式バルブは、別名を「シュレーダーバルブ」といい、主にはアメリカ製のマウンテンバイクなどに使われているチューブバルブです。自動車やオートバイなどにも同じタイプのチューブバルブが使用されるケースもあります。

米式バルブの長所

米式バルブの長所は、耐久性に優れている点です。自動車・モーターバイクに使われていることからも分かる通り、太くて丈夫で空気漏れも少ない構造になっています。また自動車・モーターバイクと同種のチューブバルブという利点から、いざというときはガソリンスタンドや自動車整備会社で空気入れをしてもらうことも可能です。

米式バルブの短所

米式バルブは、しっかりした構造で丈夫である反面、重量があることが短所です。また仏式バルブと同様に、一般的な英式バルブ用の空気入れでは空気を入れることができないので、専用のポンプを必要とします。

米式バルブ

<まとめ>

自転車などに使われるチューブバルブには、3種類のタイプがあることをご紹介しました。チューブを選ぶときには上記を参考にして、自転車のチューブバルブの形式をよく確認しながらタイプに合ったものを手に取るようにしましょう。


『タイヤ/チューブ/虫ゴム関連』に関連するカテゴリ