工具の通販モノタロウ > 電気のおはなし > 3-2アナログテスターの使い方

電気のおはなし
私たちの生活から切り離せない存在、「電気」。 電気が循環する回路の種類や、電気の測定、電気用品、発電、電源など、 電気にまつわるあらゆる基本的な事項をご紹介していきます。
第3章 回路計

3-2 アナログテスターの使い方

○はじめに

アナログテスターの電圧や電流の測定では測定部位にテストリードのテストピンをあてがいます。テストピンで取り出された電圧や電流は、切り替えつまみで切り替えられたスイッチ回路を通して処理回路へ送られます。回路で処理された電流は電流計に送られて指針を動かします。

抵抗の測定では測定対象の抵抗に切り替えつまみで切り替えられたスイッチ回路を通して処理回路へ送られます。回路で処理された電流は電流計に送られて指針を動かします。

目盛板の目盛の中から切り替えつまみの測定レンジに対応した目盛を選択し、電流計の指針が示している数値を読み取ります。この値に読み取り倍率を掛け合わせた値が読み取り結果になります。

ここでは学校用や研修用のキット教材もあり、自動車の測定に使える三和電気計器のTA55を例にとって使い方を説明します。図1に測定や操作に関係するTA55の各部の名称を示します。

図1 TA55前面の各部名称

図1 TA55前面の各部名称

図2にTA55の目盛板と表1のレンジとの対応を、図3に切り替えつまみとのレンジ表示パネルを示します。

図2 目盛板と表1のレンジとの対応

図2 目盛板と表1のレンジとの対応

図3 切り替えつまみとレンジ表示

図3 切り替えつまみとレンジ表示

表1に使用レンジと読み取った値に掛け合わせる読み取り倍率を、表2に読み取り結果の例を示します。

表1 使用レンジと読み取り倍率

使用レンジ 読み取り倍率 使用レンジ 読み取り倍率
(1) Ω×1k ×1k(1000) (2) DCA3 ×0.01
Ω×100 ×100 DCA30 ×0.1
Ω×10 ×10 (3) DCV60 ×1
Ω×1 ×1 (4) ACV120 ×10
(2) DCV30 ×0.1 (5) DCV16 ×1
DCV3 ×0.01 (6) DCA0.5 ×1
DCV0.3 ×0.001 (7) PROBE(30A) ×1
ACV300 ×1 PROBE(300A) ×10
ACV30 ×0.1 (8) 12V GOODまたはBAD

表2 読み取り結果の例

ファンクション レンジ 目盛番号 読み取り方 読み取り結果
Ω ×100 (1) 26×100 2600Ω=2.6kΩ
DCV 30V (2) 130×0.1 13V
ACV 120V (4) 5.2×10 52V
DCA 0.5A (6) 0.215×1 0.215A
○測定に取り掛かる前の確認

レンジ切り替えつまみをOFF位置にし、図4に示すように−ドライバーでメータ0調整器をゆっくり回して指針が目盛板の0位置をしめすよう調整します。

図5にしめす手順でテストリードが導通状態にあるかを確認します。

  1. 切り替えつまみをΩレンジにします。
  2. テストリードの赤プラグを+端子に、黒プラグを−端子に差し込みます。
  3. 赤と黒のテストピンを接触させます。指針が振れ具合を確認します。振り切れれば導通、振れが不安定であれば断線気味を、指針が動かなければ断線を示します。断線や断線気味の時には良品のテストリードと交換してから測定してください。
  • 図4 指針の0位置調整
  • 図4 指針の0位置調整
  • 図5 テストリードの導通チェック
  • 図5 テストリードの導通チェック
○電圧測定の警告事項
  1. 各レンジの最大定格入力電圧を超えた入力信号を加えないこと。
  2. 測定中は他のレンジに切り替えないこと。
  3. 測定値の見当がつかない場合は、最大レンジで測定すること。
  4. 測定中はテストリードのつばよりテストピン側を持たないこと。
○直流電圧(DCV 0.3 3 16 30 60)の測定
直流電圧(DCV 0.3 3 16 30 60)の測定
DC1.5V乾電池の測定では3Vレンジで測定します。
  • (1)テストリードの赤プラグを+入力端子に、黒プラグを−入力端子に差し込みます。
  • (2)レンジ切り換えつまみでDCVの余裕のあるレンジにします。
  • (3)測定対象の−側に黒のテストピンを、赤のテストピンを+側にしっかり接触させます。
  • (4)VA目盛の指針が示した値を読み取ります。
  • (5)測定が終了したらテストピンを測定対象から取り外します。

○交流電圧(ACV 30 120 300)の測定
交流電圧(ACV 30 120 300)の測定
AC100Vの測定では120Vレンジで測定します。
  • (1)テストリードの赤プラグを+入力端子に、黒プラグを−入力端子に差し込みます。
  • (2)レンジ切り替えつまみをACVの余裕のあるレンジにします。
  • (3)測定対象に赤と黒のテストピンをしっかり接触させます。
  • (4)VA目盛の指針が示した値を読み取ります。
  • (5)測定が終了したらテストピンを測定対象から取り外します。

○直流電流(DCA 0.5 3)の測定
  1. 入力端子には外部よりの電圧を絶対に加えないこと。
  2. 必ず負荷を通して直列に接続すること。 ※下図参照
  3. 入力端子に最大定格電流を超える入力を加えないこと。


  • (1)テストリードの赤プラグを+入力端子に、黒プラグを−入力端子に差し込みます。
  • (2)切り替えつまみをDCAの余裕のあるレンジにします。
  • (3)負荷と電源の並列接続の片側を切り離して直列にします。
  • (4)赤テストピンを+側に黒テストピンを−側に接触させます。
  • (5)VA目盛の指針が示した値を読み取ります。
  • (6)測定が終了したらテストピンを測定対象から取り外します。

○直流電源(DCA 30)の測定

30A+専用入力端子にはヒューズなどの保護回路はなく、誤って電圧を印加しますとショート状態となりやけどなどの人身事故につながるおそれがあり大変危険です。 測定前に再確認して行ってください。また、測定は内部抵抗、リード線発熱のため5秒以内に行い、次の測定まで2分以上間隔をあけてください。


  • (1)テストリードの赤プラグを+入力端子に、黒プラグを−入力端子に差し込みます。
  • (2)切り替えつまみをDCAの30レンジにします。
  • (3)負荷と電源の並列接続の片側を切り離して直列にします。
  • (4)赤テストピンを+側に、黒テストピンを−側に接触させます。
  • (5)300目盛の指針が示した値を読み取ります。
  • (6)測定が終了したらテストピンを測定対象から取り外します。

○抵抗(Ω ×1 ×10 ×100 ×1K)の測定

入力端子には外部よりの電圧を絶対に加えないこと。必ず被測定物の電源を切ってから測定を行うこと。

  • (1)テストリードの赤プラグを+入力端子に、黒プラグを−入力端子に差し込みます。
  • (2)レンジ切り替えつまみを想定されるレンジにします。
  • (3)赤と黒のテストピンを接触させて0Ω調整つまみをまわして指針をΩ目盛の0位置に合わせます。
  • (4)測定対象の両端に赤と黒のテストピンをあてがいます。
  • (5)Ω目盛の指針が示した値を読み取ります。
  • (6)測定が終了したらテストピンを取り外します。

※注意:×1レンジで0Ω調整ができない場合には、電池が消耗していますので、新しい電池と交換してください。


○導線や回路などの導通()チェック

入力端子には外部よりの電圧を絶対に加えないこと。必ず被測定物の電源を切ってから測定を行うこと。

  • (1)テストリードの赤プラグを+入力端子に、黒プラグを−入力端子に差し込みます。
  • (2)レンジ切り替えつまみを ()にします。
  • (3)測定回路や導線チェック部分にテストピンを接触させます。
  • (4)ブザーが鳴れば導通、鳴らなければ非導通を示します。
  • (5)チェックが終了したらテストピンを取り外します。

※注意:×1レンジで0Ω調整ができない場合には、電池が消耗していますので、新しい電池と交換してください。


○DC12Vバッテリーの良否チェック
  1. 最大定格入力電圧を超えた入力信号を加えないこと。
  2. 測定中は他のレンジに切り替えないこと。
  3. 測定中はテストリードのつばよりテストピン側を持たないこと。
  • (1)テストリードの赤プラグを+入力端子に、黒プラグを−入力端子に差し込みます。
  • (2)レンジ切り替えつまみを ()にします。
  • (3)バッテリーの−出力端子に黒のテストピンを、+出力端子に赤のテストピンを接触させます。
  • (4)指針の指す範囲が ()目盛のGOODなら良、BADなら否となります
  • (5)チェックが終了したらテストピンを取り外します。

○アナログテスター機種選定のポイント

アナログテスターでは電流計の巻き線抵抗や内部回路による内部抵抗があります。この内部抵抗は電圧測定レンジでは測定対象に並列に、電流回路では直列に接続されて測定対象となる回路や部品に影響を与えるので誤差の原因になります。

測定レンジ 電圧測定 電流測定
接続形式 並列 直列
理想のインピーダンス 0
理想に近い回路 OPアンプ、FET 低抵抗な分流器

電圧測定時の内部抵抗の影響を低減し測定誤差を少なくするために入力回路にインピーダンスの高いFETやオペアンプを採用し、理想に近い高入力インピーダンスを実現している製品もあります。このような製品の入力インピーダンスはおおむね1MΩ以上になります。電流測定では各社独自の抵抗値の分流器を採用して測定誤差を小さくしています。測定する対象に対応した入力インピーダンスの値を選定の目安の一つにしてください。

執筆:常深 信彦

『電気のおはなし』の目次

第1章 電気回路

第2章 電気の測定

第3章 回路計

第4章 電気用品

第5章 発電

第6章 電源装置

目次をもっと見る