モノタロウTOP > 大洋製器工業特集 > 玉掛け用具の点検- シャックルの点検項目 -

大洋製器工業

シャックルの点検項目2015.03.10

点検項目-その1

廃棄基準

アークストライクのあるものは必ず廃却して下さい。 (急速に傷、割れが進みます。)

点検項目-その2

廃棄基準

1.ボルト及びピンの変形しているものは廃却して下さい。
2.ネジが完全に入らないものや割ピンの入らないものは廃却して下さい。
3.計測し、元の寸法より変形しているものは廃却して下さい。
(火造りおよび溶接手直しは絶対に行わないで下さい。)

点検項目-その3

廃棄基準

当り傷、切り欠きがあるものはグラインダ等でなめらかに削りとり、 その深さが元の寸法の5%を超えるものは廃却して下さい。 手直し後、磁粉探傷検査(マグナフラックス)または浸透探傷検査(カラーチェック)を行って下さい。き裂があるものは廃却して下さい。

点検項目-その4

廃棄基準

摩耗率が元の径の5%を超えるものは廃却して下さい。

点検・保管方法について

・シャックルを点検するときは、欠陥の発見を容易にするため、 さびや油脂等の付着物を灯油または洗油できれいに洗浄して下さい。
・シャックルは一定の期間を定めて磁粉探傷(マグナフラックス)を行って下さい。
・使用後のシャックルは、塵芥(ちり・ごみ)やさび等の付着物をきれいに取り除いて、 ネジ部には油脂を塗布し、保管して下さい。
・風雨にさらされないように保管して下さい。
・地面に直接ふれないように保管して下さい。
・本体とボルトは必ず組立て保管して下さい。
・あまり積み上げないように保管して下さい。(当り傷を生じさせない為や荷崩れを起こさない為)