ミスター・ビスJr. リングスター

5つ
8件
4つ
2件
3つ
1件
2つ
0件
1つ
0件
リングスター

ミスター・ビスJr.

販売価格(税別): 339 / 税込373

平均満足度: (11件のレビュー)

引っ張りに強い強固なハンドル。 取り外し簡単なワンタッチ開閉フタ。 寸法表示シールが付いて分別にも便利。 ありそうでなかったちょうどいい存在。釘やコースレット入れにちょうど良いサイズ!!

商品レビューを投稿する

レビュー検索結果 11件中 1件から 11件までを表示

並び替え:
2021年07月08日 08:54 満足度:

用途:コーススレッドの保管時

強度的には十分。使い勝手もよい。ただし、Jrであれば
もう少し容量の少ないものも欲しい。

これは注文コード 05869753 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2021年02月06日 17:09 満足度:

用途:造作工事

紙のビス箱だとすぐにバラバラになってしますので、この商品を希望してました。
使い勝手もいいと思います。

これは注文コード 05869753 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2019年09月13日 15:44 満足度:

用途:ビスの仕分け持込みに

全部で9個、購入してサイズごとに仕分けて使用しています。満足の商品です。

これは注文コード 09208175 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2019年07月29日 13:42 満足度:

用途:ビスの保管に

大きさが仕切りなしだと少し大きいかな?
仕切り有りだと2種類の細ビスが入っていいと思います

これは注文コード 05869753 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2019年02月28日 21:44 満足度:

用途:型枠

コーススレッドのお徳用箱がすっぽりそのまま入って、透明なので便利!
コーススレッドの元箱が紙なので雨や使ってるうちにボロボロになって最悪撒き散らす恐れがあるのでこれに入れておけば安心です。
ただ、ちょっと蓋のつまみがつまみにくいのと、取っ手は思ったより丈夫でしたが、根元の部分が外れやすかったです。

これは注文コード 05869753 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 3人
2018年08月20日 17:42 満足度: 株式会社Ota建築設計 様

用途:ストック分の木ビスの収納

市販のビスが入っている箱は、すぐに破れてしまうのでこちらを購入。丸々1箱分入るサイズで重宝します。取っ手も付いていてとても使いやすい。

これは注文コード 05869753 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2017年07月11日 15:34 満足度:

用途:メンテナンス用

大きさ、価格、申し分ないです。これからも、この商品とその他商品を、購入していきたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

これは注文コード 05869753 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2015年07月16日 15:46 満足度:

用途:ビス箱の収納

この箱が一番優秀です。ビスの純正箱(紙製)は長期使用すると破れて中のビスがこぼれるので厄介ですがこのビスJrに箱ごと入れるとそんな心配も無用です。車に積む際も正確に積めるので便利です。開ける際はふたをきちんと開けないと開かないのが難点ですが逆に言えば簡単に開かないのでビスが散乱しにくいということです。

これは注文コード 05869753 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2014年01月24日 17:31 満足度:

用途:釘・ビス・他の収納

いつも使っております。
取っ手の色を増やしてほしいです。

これは注文コード 09208175 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2012年06月18日 21:47 満足度:

用途:釘の保管に

45と65の釘を入れて使っています。
値段の割りにしっかりしており、取っ手も畳むと蓋とツライチに収まります。
簡易ロック付きの蓋も開け易く、閉め易いです。

これは注文コード 09208175 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2011年05月07日 07:56 満足度:

用途:釘入れ

大きさ(長さ)毎に保管するのに便利。
持ち手の色が複数あれば、釘の種類別に仕分けられる。

これは注文コード 05869753 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 

戻る ページ: 1 次へ