木工用クロスベルト モーター印

5つ
5件
4つ
2件
3つ
0件
2つ
1件
1つ
3件
モーター印

木工用クロスベルト

販売価格(税別): 2,990 / 税込3,289

平均満足度: (11件のレビュー)

木工研削に適した新しいタイプの砥材を耐湿性に富んだ特殊処理を施した基材にレジン接着しロングライフを極限まで可能とし仕様になっております。 木工生地研磨・合板研磨・不燃材研磨・化粧合板やつき板の仕上げ研磨・塗装研磨等、研削から研磨等、幅広い活躍を約束する製品です。

商品レビューを投稿する

レビュー検索結果 11件中 1件から 11件までを表示

並び替え:
2021年02月25日 15:20 満足度:

用途:DIY

商品の品質には問題ありません。
希望ですが粒度の異なった三種類10枚セットにしていただければ嬉しいです。

これは注文コード 44928143 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2020年09月23日 17:33 満足度: 春日工房 様

用途:広葉樹の研磨

研磨剤もしっかりしていていまっまで使っていたベルトよりも、
焦げにくくきれいに研磨出来ました。

これは注文コード 44928116 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2020年10月02日 15:23 満足度:

用途:木工の研磨

非常に快調に削れました。目詰まりが無いように感じます。
値段はとても良心的ですごくいいです。
ずっと使いたいです

これは注文コード 44928091 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2020年10月15日 10:27 満足度: 有限会社アートランド 様

用途:木製品の研磨

繋ぎ目の凸が予想よりひどくて使いものになりませんでした。また接着剤が発生元と思われるが【におい】がきつい。

これは注文コード 44928143 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2020年06月05日 16:28 満足度:

用途:木材成型磨き

木材成型に使ってますが、素早くできます。また、使用した後のベルトは、みがきにつかってめす。

これは注文コード 44928116 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2019年10月15日 20:34 満足度:

用途:木製雑貨の切削作業

240番でも木の素材への当たりが柔らかく、弾かれる感じは少なく切れも良いです。
他社の安いものは、カタカタと弾かれる感じのものもあります。
さすが木工用ですね。最後までよく切れます。
ただ、目が細かいと焼きつきやすいのでそうなると切れなくなり
焦げなどの原因となります。

これは注文コード 44928143 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2018年03月17日 10:07 満足度:

用途:木材の表面研磨用

昨日初めて使用しました。軽く当てるだけで研磨することができました。今後耐久性を確かめたいと思います。

これは注文コード 44928091 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2019年11月24日 21:00 満足度:

用途:木材の切削

金額的には相当ですが、只つなぎ目で振動が起きて使いづらいです。
切削力はほどほどですが、減りが早いように感じます。
全体としては普通以下と思われます。

これは注文コード 44928143 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2019年01月12日 12:47 満足度:

用途:小物作品での木材の研磨

研磨力が弱い為、木材に充てている時間が多くなります。そのため作業効率が悪くなるだけでなく、摩擦熱が高まり木材が焦げてしまいます。♯60ですから研磨剤の粒子が小さすぎるのではなく、硬度に原因があるのだと思います。

これは注文コード 44928082 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2014年06月24日 12:09 満足度:

用途:木材、竹エゾ鹿の角の研磨

使ってみて切れ味には満足焼けも起きないし仕事能率は向上しました。ただベルト自体の強度が少し足りない感じがします2本切れました。

これは注文コード 44928073 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2013年08月09日 17:32 満足度:

用途:木工製作の研磨

砥粒が番手表示よりも粗い。#120を買ったが、他メーカー数社を使ってきた感想では#80くらいに感じた。

これは注文コード 44928116 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人

戻る ページ: 1 次へ