エアフィルター 5GD-14451-00 YAMAHA(ヤマハ)

5つ
3件
4つ
0件
3つ
0件
2つ
0件
1つ
0件
YAMAHA(ヤマハ)

エアフィルター 5GD-14451-00

販売価格(税別): 660 / 税込726

平均満足度: (3件のレビュー)

◎YAMAHA純正エアフィルター ■純正エアフィルターは非純正品に比べ、耐久性が高く、限界性能でも大きな差がでます。また、高レベルのろ過性能を維持しながら、適正な燃焼に必要な空気も的確に供給します。設計出力・排気量・バルブ方式・キャブレター方式・吸入経路の違いによりエレメント形状は大きく異なります。 湿度・温度・ダストの質・空気の質など環境要素も重要になってきます。ヤマハでは各国・各地域の使用環境データを集積し、エンジン別に徹底したテストを行い、それぞれの環境に合わせた最適な純正エアフィルターの設計を行っています。 ■ガソリンを急激に燃焼させるには大量の空気が必要ですが、空気中にはエンジンに有害なダスト(アルミナ、カーボン、砂等)が含まれており、これらがエンジンに吸入されるとキャブレターのジェット類を目詰まりさせ、エンジン不調を起こしたりシリンダーやピストンを傷める他、オイルに混入してエンジン各部の摩耗を早めてしまいます。これを防止するためにエアフィルターが使用されています。 エアフィルターはエンジンの空気吸込口に収納されており、空気中の異物を除去し、清浄な空気をエンジンに送り込む役割をしています。 劣化のメカニズムは、一般的に走行距離が増えるにしたがってフィルターの目詰まりは進みます。しかし、目詰まりの仕方は道路状況や使用環境によっても大きく異なり、未舗装路や渋滞走行などフィルターにとって厳しい使用の多いオートバイほど目詰まりは早く進行します。定期交換基準もこのことを加味して定められていますので、定期的に点検する必要があります。メンテナンスを怠ると、エアフィルターが目詰まりを起こし燃焼に必要な空気が充分に供給されず、エンジンの出力低下を招き、加速不良や燃費の悪化の原因となります。 特に燃料噴射(FI)車の場合、吸入圧の変化により、充分に性能が発揮されない等、不具合が生じる可能性がありますので、純正部品の使用が不可欠です。

商品レビューを投稿する

レビュー検索結果 3件中 1件から 3件までを表示

並び替え:
2020年10月19日 08:17 満足度:

用途:オートバイのメンテナンス時

純正部品ですので、安心して問題なく使用できました。

これは注文コード 20014182 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2018年05月16日 12:42 満足度:

用途:既存パーツ劣化による交換

社外品はスポンジのみであるのに対し、純正品はオイルが含浸されており、品質的に安心して使用できる。

これは注文コード 20014182 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2018年10月19日 14:51 満足度:

用途:整備作業

普通に良いものです。
使用には特に問題はありません。

これは注文コード 20014182 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 

戻る ページ: 1 次へ