PE広口遮光瓶 サンプラテック

5つ
9件
4つ
3件
3つ
0件
2つ
0件
1つ
0件
サンプラテック

PE広口遮光瓶

販売価格(税別): ¥92 〜

平均満足度: (12件のレビュー)

遮光性バツグン!USP(アメリカ薬局方)基準準拠。 光の波長220nm〜約800nmまでの透過率がほぼ0%で優れた遮光性を発揮します。

商品レビューを投稿する

レビュー検索結果 12件中 1件から 12件までを表示

並び替え:
2020年05月09日 16:54 満足度: 石井歯科医院 様

用途:次亜塩素酸水の保管

今流行りの次亜塩素酸水の保管に使います。
軽い遮光瓶が欲しかったのでピッタリ!
Covid-19に負けないぞ!!

これは注文コード 58107201 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2020年05月07日 15:51 満足度:

用途:次亜塩素酸水の素の小分け

次亜塩素酸水の素を小分け・保管するために遮光瓶が必要で購入しました。しっかり遮光しているので劣化を防いでくれるので安心して使用することができます。

これは注文コード 58107131 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2020年04月29日 17:53 満足度:

用途:次亜塩素酸水の容器に使用しています。

遮光性ペットボトルなので満足しております。
ボトルの蓋が開かれたチエク機能があればいいですね。

これは注文コード 58107174 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2020年04月17日 14:43 満足度:

用途:除菌剤の小分けに。

除菌剤を小分けし使っています。遮光性であり、内蓋も付いているので持ち歩きにも安心です。

これは注文コード 58107131 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2020年04月21日 15:13 満足度: 株式会社エイト日本技術開発 様

用途:次亜塩素酸水の保管のため

薬品を大量購入、分散するために購入しました。デザインがすっきりして思いのほか保管しやすいので助かります。

これは注文コード 58107201 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2020年04月19日 13:03 満足度:

用途:次亜塩素酸水の保存

次亜塩素酸水を作る際に遮光性のボトルが必要なので購入しましたが、100mlのボトルが色々と使いやすいので、まだ自粛期間が長引けば追加の購入も考えています。

これは注文コード 58107131 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2020年03月27日 17:56 満足度:

用途:保存容器として使用

大きさは良いのですが持ち手付きで
遮光だともっと使いやすかったと思います。

これは注文コード 58107174 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2018年12月17日 16:48 満足度:

用途:イソプロピルアルコールに

小分けするのに使っています。とても使いやすいですし中蓋があるので長期保管時でも中身が飛んでしまうこともほとんどありません。

これは注文コード 58107156 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2019年02月27日 14:39 満足度:

用途:液体の保存

漏斗を使わずに注げるので便利。
内蓋式なのでパッキンに内容物が染み込んだりしないのもよい。

これは注文コード 58107156 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2017年07月11日 14:32 満足度: 久米電気株式会社 様

用途:蛍光塗料の保管

十分な間口があり液体等出し入れもスムーズでした。
また光(紫外線)を嫌う液体を入れたかったので
密封性も良くバッチシの瓶でした。
安価だったのも良かったです。

これは注文コード 58107156 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2015年02月07日 19:51 満足度:

用途:検体保存用

各種測定作業の検体を保存するために使用します。
遮光ボトルであることが購入の理由です。
出来れば1.5Lのサイズも欲しいです。

これは注文コード 58107174 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2015年01月21日 13:31 満足度: 田村写真 様

用途:写真薬品の保存

広口なので薬品の出し入れが楽です。内蓋もしっかりしていてよいです。

これは注文コード 58107174 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 

戻る ページ: 1 次へ