UP 小型・軽量ピロー形 FYH (日本ピローブロック)

5つ
9件
4つ
1件
3つ
0件
2つ
1件
1つ
0件
FYH (日本ピローブロック)

UP 小型・軽量ピロー形

販売価格(税別): ¥969 〜

平均満足度: (11件のレビュー)

軽量形のユニット用玉軸受と特殊軽合金製軸受箱を組み合せたピロー形ユニットです。 直径系列0の軸受を組み込んだ、無給油式の小形・軽量・クリーンな軸受ユニットです。 軸受箱は、長期間、錆びないので、クリーンな環境で使用するのに最適です。 機械本体への軸受箱の取付けは、2本のボルトによって行います。

商品レビューを投稿する

レビュー検索結果 11件中 1件から 11件までを表示

並び替え:
2017年02月11日 14:44 満足度: 清水製麺 様

用途:製麺機の麺帯のガイドローラーの軸受

コンパクトで在る事、抵抗なくながれる事、製品との接触が無く製品に油等の汚れが付きにくく組み込める事

これは注文コード 38337074 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2016年03月14日 15:32 満足度:

用途:野菜洗浄

野菜洗浄機の交換部品として使用致しました。

これは注文コード 38337092 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2015年10月19日 16:50 満足度:

用途:冶具製作

最初は固かったが調整するうちに動き出したのでOK.軽いし使い勝手もよい。価格が安ければいろいろと使ってみたいとあります。このタイプもですがピローブロックは何故内輪の大きさによってセンター高さが変わるのでしょうか?異径シャフトを使いたい場所ではフレームをさわるかスペーサをいれなければならず、余計なパーツが増えてしまいます。

これは注文コード 38337117 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2016年08月10日 21:08 満足度: 岡本テック 様

用途:機械のメンテナンスに使用

十分使用できるものでコスト面ともに満足しています。

これは注文コード 38337083 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2015年07月24日 12:21 満足度: 加藤模型 様

用途:回転部には 便利に組立ができる

手頃なものが多い中ですが このタイプが私の使用感は良いので多数使用います。

これは注文コード 38337083 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2016年05月26日 07:05 満足度:

用途:5インチゲージの車軸

欲しい内径のピロユニットは、これしか探せませんでしたので、やむなく買いましたが、通常のピロユニットと、同様の仕様性能だと思います
小さいのでグリスニップルが有りませんから、継続して点検し、性能を評価したいです。

これは注文コード 38337074 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2015年06月09日 14:12 満足度:

用途:5インチゲージ大型鉄道模型のパーツ

良く回転して調子が良い。

これは注文コード 38337117 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人
2014年09月17日 15:31 満足度:

用途:車軸の保持

前回より値段が安くなったと思ったら、ベアリング内側のつばの部分の形状が変わっているので、スペーサーを当てる必要があった。これではこまってしまう。

MonotaROからの回答:

メーカーに確認しましたところ、仕様変更はされていないとのことでした。差支えございませんでしたら、商品画像を商品問い合わせ窓口迄送付頂けませんでしょうか。ご確認よろしくお願い致します。

これは注文コード 38337083 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2015年06月03日 15:31 満足度:

用途:産業機械の補修

価格が手ごろ

これは注文コード 38337117 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2012年03月26日 20:26 満足度: 村澤木工所 様

用途:手作り「水車」の軸受け

お客様の要望により「錆びにくい」軸受けを。
価格・商品品質とても満足いたしました。

これは注文コード 38337074 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
 
2012年03月04日 15:59 満足度: 三光レッカー 様

用途:自作トロッコの軸受け

精度も問題なく、何より安くて助かっています

これは注文コード 38337117 についてのレビューです。 このレビューは参考になりましたか?
参考になった 1人

戻る ページ: 1 次へ