現場の見方は地球のミカタ モノタロウとSDGs

モノタロウは、お客様が効率的に資材調達ができるようサービスの向上に取り組んでいます。
お客様アンケートで「環境配慮は気になるが、何からしたら良いのかわからない」というお声をいただきました。
このページでは、環境に配慮した様々な商品=エコロジープロダクトを紹介しています。日々のお仕事の中で使うものから選ぶことで、環境に配慮した取り組みへのきっかけにお役立てください。
お客様ご自身のサステナビリティに繋がること。それがモノタロウが取り組むサステナビリティの一つの形です。

数字でみる
モノタロウご利用企業の
SDGs取組状況

2022年 モノタロウユーザーアンケート調べ

  • 91%

    SDGsを知っているまたは、
    聞いたことがある

  • 43%

    SDGsを知っており
    興味・関心がある

  • 31%

    SDGs活動をすでに実施している

    ※環境配慮活動を含む

モノタロウでの
資材調達でできる
SDGsへの取組

モノタロウではお客様にアンケートを行い、要望が多かった絞込み検索ができるようになりました。
特にその中でも要望が多かった下記に該当する商品を「エコロジープロダクト」とし、公開しています。
お客様それぞれの取組に合わせた資材調達の一助となれば幸いです。

※商品本体ではなく、梱包・包装などの副資材が認証取得している場合も、環境ラベルの適用範囲内としています。
※取扱点数は2023年1月10日現在

エコマーク
  • エコマーク

  • 取扱点数44,882

エコマークは、商品の一生(ライフサイクル全体)を考慮して環境保全に役立つ商品を認定する制度で、日本で唯一の国際規格(ISO14024)に則った第三者認証によるタイプⅠ環境ラベルです。物品、サービスなど幅広い商品を対象とし、商品の種類ごとに認定基準を設けています。(商品例:ノート、ボールペンなどの文房具、作業服、ホテル、レストラン など)

グリーン購入法
  • グリーン購入法

  • 取扱点数202,424

循環型社会の形成のためには、「再生品等の供給面の取組」に加え、「需要面からの取組が重要である」という観点から、「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」が制定されました。国等の公的機関が率先して環境物品等(環境負荷低減に資する製品・サービス)の調達を推進するとともに、環境物品等に関する適切な情報提供を促進することにより、需要の転換を図り、持続的発展が可能な社会の構築を推進することを目指しています。

RoHS
  • RoHS

  • 取扱点数1,444,805

RoHS指令は人体の健康を害したり、環境に悪影響を与える物質の使用制限に関する指令で、欧州連合(EU)で上市する電気・電子機器が対象となります。具体的には、カドミウム、鉛、水銀、六価クロム、PBB(ポリ臭化ビフェニル)、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)、4物質のフタル酸エステルの使用が制限または禁止されています。2006年にRoHS1が施行され、2013年から改正RoHS指令が有効となり、4物質のフタル酸エステルの使用規制が追加されました。モノタロウではRohS2(改正RoHS指令)に該当する商品に対し、RoHS指令該当である旨を記載しています。

FSC認証
  • FSC認証

  • 取扱点数247

消費者は、FSCマークを目印に製品を選ぶことで、森林の生物多様性を守り、地域社会や先住民族、労働者の権利を守りながら適切に生産された製品を選んで購入することができます。
FSC認証は、森林の管理を認証するFM(Forest Management)認証と、加工・流通過程の管理を認証するCoC(Chain of Custody)認証の連鎖から成り立っています。FSC認証製品が消費者の手に届くまでには、森林から最終製品になるまでの生産、加工、流通に関わるすべての組織が認証を受けなくてはなりません。また、FSC認証の審査・発行は、FSCではなくASIという認定機関から認定を受けた独立した第三者の認証機関が行います。

PEFC 森林認証プログラム
  • PEFC 森林認証プログラム

  • 取扱点数2

木材が持続可能に管理された森林から伐採されたものであることを証明する仕組みです。製品が消費者に届くまで、原材料の認証情報(出処など)を追跡することにより、認証の連鎖を納品書、請求書、商品に付けることができます。PEFCは各国の森林認証制度間の相互承認をする制度です。

グリーンマーク
  • グリーンマーク

  • 取扱点数4,236

古紙利用製品の使用拡大を通じて古紙の回収・利用の促進を図るため、古紙を原料に利用した製品であることを容易に識別できる目印として制定されたマークです。表示することができる製品は、古紙を原則として40%以上原料に利用した製品であること(トイレットペーパー・ちり紙は古紙を原則として100%、コピー⽤・新聞用紙は50%以上)です。古紙を原料に利用している製品には、紙や紙製品のほかに断熱材などに使⽤されるセルローズファイバーなど、紙以外の製品もありますので、これらもマーク表示の対象となります。包装用に使われる段ボール箱や紙箱などは、箱の素材となる紙に古紙を利用していれば、マーク表示の対象となります。

再生紙使用マーク
  • 再生紙使用マーク

  • 取扱点数21,587

古紙パルプがどのくらい配合されているのかが一目で判るようにしたマークです。古紙パルプ配合率を示した数値・文言、説明とあわせて表示されます。「3R活動推進フォーラム」の前身である「ごみ減量化推進国民会議」によって、再生紙の利用促進・普及啓発をしていくためのシンボルマークとして定められました。