SPI/I2Cプロトコルエミュレーターのレビュー

平均満足度 5.00 (1件のレビュー)
商品レビューを投稿する
SPI/I2Cプロトコルエミュレーター ラトックシステム
ラトックシステム
19,900 / 税込 21,890
電気・電子機器の半導体デバイス間通信で主に使用されている SPI/I2CバスをUSBに変換し、パソコンに直接接続するアダプタです。ファームウェア書き込み作業や細かなパラメーター設定などがパソコン上から簡単に制御できるようになり、開発およびデバッグ作業の効率を上げることができます。 SPIとI2Cの動作モード切り替えや制御は、添付のユーティリティまたはライブラリを利用したアプリケーションでおこないます。 SPIモードでは、マスターモードに対応。スレーブの選択や任意データの送信、スレーブから受信したデータの表示が可能です。 最大周波数は12MHz、スレーブ選択用I/Oポート(出力のみ)を4ポート搭載しています。 I2Cモードでは、マスターモードとスレーブモードの両方に対応。マスターモードでは、特定のアドレスに対して任意のデータを送信したり、スレーブから受信したデータを表示することが可能です。スレーブモードでは、自己アドレスに受信したデータの表示、受信したデータをマスターに送信することができます。 100KHz、400KHz、1MHz(5Vのみ)の周波数(SCL)に対応しています。 SPI用とI2C用の配線を装備したばら線ケーブルを標準添付。 色分けされたケーブルとハウジングの組み合わせで、ピン番号を把握できます。試作基板や各種エバレーション基板に実装される2.54mmピッチのピンヘッダに、直接装着することが可能です。 添付のSPI/I2C制御ユーティリティでは、SPI/I2CおよびGPO(ポート出力)の制御をおこないます。SPI/I2Cのモード切替ほか、データの送受信やモニタリング、設定ファイル(BINファイル)の保存、ログファイル(CSVファイル)の保存が可能です。 スクリプトを記述することで、接続機器への自動制御が可能です。 Visual C++/Visual C#/VB用APIライブラリとサンプルプログラムを添付。アプリケーション作成により、独自の仕様で電源供給やモードの切り替え、バスの周波数などを制御することができます。
1件中 1~1件
並び替え
おすすめ順
新着順
参考にされている順
2021-06-13
用途:
実装検討のためのデバイスの評価
対象商品:
18481742

かんたんに使うことができました。電圧切り替えが簡単なのもよいですね。