シートとは、農作物に直接被せたり、地面に敷くことで寒さ、乾燥、雑草から農作物を守る園芸資材。防草シート、雨よけシート、つる巻シート、寒冷紗などがあります。防草シートは地面に敷くことで雑草を予防する効果があり、一般的にはポリプロピレンでできた織物のような形状をしており、色は黒や濃い緑です。雨よけシートは、アーチ上の骨組みに取り付けて使用するもので、傘のようにカバーをかけることで長雨などによる被害を防ぎます。つる巻きシートは敷きワラの代わりに使われるシートで、つる性植物のつるを一定の箇所に巻きつけられる構造です。寒冷紗はトンネル上の骨組みにかける網目状のシートで、寒さや霜などの被害を防ぎます。
4件中 1~4件
並び替え
おすすめ順
単価の安い順
単価の高い順
レビュー評価の高い順
レビューの多い順
苗を植えた後でも敷ける雑草防止シートです。シートの部分が雑草を防止。また、土の乾きを緩和し、乾燥も防止します。シートは通気性があるので、蒸れにくくなっています。泥はねを防止するので、葉や実に泥がついて成長を妨げることなく栽培できます。土中の温度を高め、寒さを軽減し、成長が良く、早くなります。
用途雑草防止、土の乾燥防止など。 高さ(m)0.005 幅(m)0.485 使用目的土の乾燥防止、雑草防止 材質ポリプロピレン 長さ(m)0.458
1袋(2枚)
299 税込329
当日出荷

植え付け直後の苗などを囲うことで、風による転倒を防止します。また、本稿かも期待できます。
透明
1パック(4セット)
609 税込670
5日以内出荷

竹支柱:50cm×20本入 カバー:周囲100cmかける高さ30cmかける5枚苗を囲うように使用していただくことで、苗を寒さ・風から守ります。
透明
取扱い終了

種をまくか苗を植えるだけ、雑草管理の手間がかからない穴あき雑草防止シートです。雑草・乾燥を防止するので、管理の手間が大幅に減ります。また、生育が早まり、病気になりにくくなります。野菜だけでなく、花壇などにもお使いいただけます。にんじん、春菊、水菜、たまねぎ、小カブ、小松菜、ほうれん草などに。
用途雑草防止、土の乾燥防止など。 材質ポリプロピレン、ポリエステル 使用目的土の乾燥防止、雑草防止
取扱い終了

『ネット・シート・マルチ』には他にこんなカテゴリがあります