工具の通販モノタロウ > 小物類 > 腕カバーを使用するメリット

腕カバーを使用するメリット

腕カバーは手の先から肘、あるいは二の腕までを覆う衣料です。日焼け防止、防寒などの一般的な用途もありますが、現場作業のような業務的なシーンでもさまざまな形で活躍してくれます。作業にあたって腕カバーを使用するとどんなメリットがあるのか、3つのポイントに分けて見ていきましょう。

作業中の腕の事故防止

作業をするにあたっては、ほとんどのシーンで事故のリスクがつきまといます。とくに両手や両腕はあらゆる場面で使う箇所なので、生身のままでは事故が起こりやすいです。外的要因を防いでくれる腕カバーを着用すれば、小さな事故はもちろん大きな事故が起こる確率を下げてくれるでしょう。

異物混入の防止

近年、食品メーカーや飲食店をはじめとして異物混入が相次いでいますが、なかでもよくある異物が体毛です。髪の毛が混入するケースが多いですが、腕毛などの混入も珍しくはありません。腕カバーを着用すれば体毛は隠れるために、異物混入につながるリスクは大幅に下がります。

服が汚れない

作業では作業用の衣服を着用するところも少なくありません。しかしそのままでは、衣服の袖などに汚れがつきやすく、洗濯を頻繁にする必要が出てきます。腕カバーを使用していれば、腕カバーのみの洗濯で終わりますし、エナメル素材などを使えばその時間も短縮することができるでしょう。 ちなみに汚れを防ぐことを優先するのであれば、汚れが目立ちにくい黒色のアイテムがおすすめです。

<まとめ>

腕カバーは、上記で紹介した「事故防止」「異物混入の防止」「服の汚れ防止」以外にも、さまざまなシーンで活躍してくれます。購入にかかるコストもさほどかからないアイテムが多いので、一度導入を検討してみてもいいかもしれません。