工具の通販モノタロウ > リークテスター > リークテスターの特長と検査方式

リークテスターの特長と検査方式

リークテスターは、冷媒のフロンガス漏れ検査などに使用されているテスターです。ガス器具や水道器具、油圧製品から医療器具まで幅広い分野において様々なワークの漏れ検査に利用されており、近年では需要が伸びているといわれています。 目視式検査方法と比較してのメリットと、リークテスターの特長と各検査方式をご紹介しましょう。

リークテスターとは

リークテスターとは、その名の通り、リーク(漏れ)のテスター(検査器)です。配管や部品、完成品などに漏れがないかを検査するもので、加圧や減圧による圧力変化から、ガス・空気・水の漏れを電気的に検知します。 リークテスターの方式は、油圧、水圧、空気圧がありますが、現在主流となっているのは空気圧方式です。

リークテスター

漏れを検査する方法は、以前より目視によって行われてきました。パンク修理が分かりやすい例です。チューブを水中に沈め、空気の漏れを目視によって検査します。このように水の中で漏れを検査する方法を「水没目視検査」と言います。

漏れの個所が分かるという点では、パンク修理などには向いていますが、検査の技量を必要とすることや、数値としての管理ができないなどの理由から、生産ラインに導入するような自動化は不可能です。 近年になって、漏れ量を数値として把握でき、自動化を可能にする装置としてリークテスターが普及し始めました。

リークテスターを利用した検査と水没目視検査の特長

◆特長
  • <リークテスター>
  • 空気式であれば、ワークを汚すことなくドライな状態で検査ができ、検査後の乾燥工程も不要なので作業の効率化に繋がります。水没検査と違い、錆の発生も心配ありません
  • 漏れ量の許容範囲を数値として管理できるので、生産ラインでの良品と不良品の選別が可能となります
  • 個人が行う目視式検査と異なり検出力に差がなく、短時間で検査を行うことが可能です
  • <水没目視検査>
  • 漏れ箇所は確認できますが、検査する人によって個人差が生じます
  • イニシャルコストは低いですが、個人による検査なのでランニングコストがかかります
  • 検査後の乾燥工程を必要とし、また水没による錆の心配もあります
◆検査方法

リークテスターのワーク方法は、内圧式や内圧チャンバー式、外圧式に加え、半導体式と赤外線呼吸式があります。それぞれの方法を解説しましょう。

  • <内圧式>
  • ワーク内部を加圧する方法です。加圧後、外部への漏れによるワーク内の圧力変化の有無を検出するもので、開口部の多いワークに適しています。
  • 加圧→ワーク内
  • 圧力測定→ワーク内
  • <内圧チャンバー式>
  • チャンバー内に置かれたワークに加圧し、チャンバー内の圧力変化の有無を検出する方法です。ワークを入れた状態のチャンバー内の空間が小さいほうが、より感度が上がります。開口部と凹凸が少ないワークに適した方法です。
  • 加圧→ワーク内
  • 圧力測定→チャンバー内
  • <外圧式>
  • 外圧式はチャンバー内を加圧する方法です。加圧によってワーク内へ漏れ出たチャンバー内の圧力変化を検出するもので、密閉型容器の検査に適しています。
  • 加圧→チャンバー内
  • 圧力測定→チャンバー内
<赤外線吸収式>

赤外線を吸収することで微量のもれも検出できる方法です。干渉ガスの影響は受けにくく、反応時間が速いことが特長であり、新冷媒の検査に適しています。

<半導体方式>

赤外線吸収式に比べ干渉ガスの影響を受けやすく、温度や湿度にも影響されやすいですが、高感度で寿命が長いことが特長です。

<まとめ>

リークテスターの特長と検査方式、目視式検査と比較してのメリットをお伝えしました。漏れ量の数値化で部品や製品の生産管理を徹底することができ、目視式検査に比べイニシャルコストがかかるものの、作業効率が上がることに期待できるでしょう。 ただし作業効率を上げるには、それぞれのワークに適した検査方式のリークテスターを選ぶことが重要です。

リークテスターは持ち運びのできる小型のものから、生産ラインに導入できるタイプまであります。モノタロウでは、電気計測器として各検査方式のリークテスターを多種取り扱っており、それぞれの商品の特長や用途、検知方式も詳しく表示されているので、最も適したリークテスターをお選びいただくことが可能です。

リークテスタ解説

HFC系新冷媒は従来の冷媒と比較し、分子が小さく圧力も高くなっています。そのため、冷凍サイクル内から漏洩する可能性が高くなり、より厳密な気密管理が必要です。

新冷媒に対応した検知方法として、主なものに半導体センサ方式・赤外線吸収方式があります。

半導体方式
長寿命で長期に安定した計測が可能 温度や湿度の影響を受けやすい。 干渉ガスの影響を受ける。
赤外線吸収方式
干渉ガスの影響が受けにくい 反応時間も半導体方式より短い センサは高額

簡易的に検知液の塗付にアワの状態でモレを確認する方法もあります。


『ガス漏れ検知』に関連するカテゴリ