T&D(ティアンドデイ)

おんどとり小型防水温度データロガー赤外線通信タイプ

おんどとり小型防水温度データロガー赤外線通信タイプ T&D(ティアンドデイ) おんどとり小型防水温度データロガー赤外線通信タイプ T&D(ティアンドデイ) おんどとり小型防水温度データロガー赤外線通信タイプ T&D(ティアンドデイ) おんどとり小型防水温度データロガー赤外線通信タイプ T&D(ティアンドデイ) おんどとり小型防水温度データロガー赤外線通信タイプ T&D(ティアンドデイ) おんどとり小型防水温度データロガー赤外線通信タイプ T&D(ティアンドデイ) おんどとり小型防水温度データロガー赤外線通信タイプ T&D(ティアンドデイ) おんどとり小型防水温度データロガー赤外線通信タイプ T&D(ティアンドデイ)
(6件のレビュー)

置く場所を選ばない小型防水タイプ。コンパクトサイズで置く場所を選ばないデータロガーです。防水・防塵性能と頑丈なボディで過酷な環境下での測定が可能です。

内容量1台
お気に入りに追加
4件中 1〜4件 各品番毎の詳細は注文コードをクリックしてください
注文コード
測定範囲(℃)
電源 測定精度 通信方式 参考基準価格(税別) 販売価格(税別) 販売価格(税込) 出荷目安 数量
35680732 TR-51i -40〜80 リチウム電池(LS14250)/市販のリチウム電池(CR2)
(付属のリチウム電池LS14250は市販されておりません。)
平均±0.5℃ 1ch.(内蔵センサ) (赤外線)IrPHY1.2省電力方式相当
12,800
11,900
13,090 (税込)
当日出荷
35680741 TR-52i -60〜155 リチウム電池(LS14250)/市販のリチウム電池(CR2)
(付属のリチウム電池LS14250は市販されておりません。)
(平均±0.3℃)-20〜80℃、(平均±0.5℃)-40〜-20℃/80〜110℃、(平均±1.0℃)-60〜-40℃/110〜155℃ 1ch.(外付センサ) (赤外線)IrPHY1.2省電力方式相当
14,800
13,900
15,290 (税込)
当日出荷
44779359 TR-51i 校正証明書付 - リチウム電池(内蔵) 平均±0.5℃ 温度1ch 赤外線・光通信、(専用リーダー使用時/USB・シリアル)
31,800
30,900
33,990 (税込)
8日以内出荷

メーカー直送
返品不可
代引不可
地域運賃
44779368 TR-52i 校正証明書付 - リチウム電池(内蔵) 平均±0.3℃(-20〜+80℃)、平均±0.5℃(-40〜-20・80〜110℃)、平均±1.0℃(-60〜-40・110〜155℃) 温度1ch 赤外線・光通信、(専用リーダー使用時;USB・シリアル)
33,800
32,900
36,190 (税込)
8日以内出荷

メーカー直送
返品不可
代引不可
地域運賃
お気に入りに追加
各品番毎の詳細は注文コードをクリックしてください

地域運賃

地域 単位 配送費
離島 数量1につき 20,000 / 税込 22,000

カテゴリ

商品レビュー

平均満足度:
総レビュー件数: 6
毎月抽選で 1,000名様プレゼントがあたる! 商品レビューを投稿する
2022-01-19
用途:
現場作業
対象商品:
35680741

急遽必要になり、慌てて注文〜とにかく納期が早くて助かった!!

株式会社中島運輸 様 2021-09-06
用途:
保冷車のおんどとり
対象商品:
35680732

小型で取扱いしやすく、社内定番として利用してます。

2019-10-02
用途:
気象観測
対象商品:
35680732

温度の変化反応が少し遅い。防水性は今のところ問題ない。

2018-07-30
用途:
温度の記録
対象商品:
35680741

especの同タイプのものと互換性があり、
どちらの受信機でも使用可能。

1人が参考にしています
株式会社勝組 様 2018-09-03
用途:
トラックの庫内の温度管理のため
対象商品:
35680732

簡単設定で、電池をセットするだけで使用できて良かったです。

株式会社Top Dogg Express 様 2017-08-21
用途:
運送業の温度管理
対象商品:
35680741

温度管理に使っていますが、データの取得も簡単ですし、非常に使いやすいです!

よくあるご質問(FAQ)

ご質問件数: 1
ご質問は製品仕様に関する内容に限らせて頂きます。 この商品について質問する
質問:
パソコンで使用できますか?
回答:
こちらの商品はデータコレクタTR-57DCiや、データ収集機TR-50U2のいずれかを利用することで、事後的にパソコンにて温度変化をチェックすることができます。

下記いずれかの方法でチェックが可能となっております。

@TR-52iと収集機TR-50U2を組み合わせ、事後的にパソコンに接続してデータ転送し、温度の変化を表示させる。
ATR-52iとデータコレクタTR-57DCiをつなぎ、データをTR-5CDiに移す。
 その後パソコンとTR-57DCiを繋いでデータ転送し、温度の変化を表示させる。

なお、リアルタイムかつ遠隔的に温度の変化をチェックしたい場合には、こちらの商品は適しておりません。
対象商品:
35680741
1人が参考にしています
2014-06-24
シェアする