ドリルチャックの特長と選定ポイント 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > ドリルチャック > ドリルチャックの特長

ドリルチャックの特長

ドリルチャック

ボール盤などでストレートのドリルをつかむ工具です。

ドリルチャック
特長

1個のドリルチャックで広範囲(ツカミ能力)のシャンクをつかめます。

  • チャックハンドル
  • ドリルチャックのドリル脱着に使用します。
  • チャックハンドルで締め付けが必要です。
    チャックハンドル
JT(ジャコブステーパー)とMT(モールステーパー)の違い
JT(ジャコブステーパー)とMT(モールステーパー)の違い

取付形状がJTのとき
ドリルチャックをそのまま直接機械に取り付けます。

取付形状がMTのとき
チャックアーバーが必要です。

キーレスチャック

キーレスチャック
特長

チャックハンドルがいらず、手で回すだけでドリルの着脱ができます。(自動締まり機構)

  • 相手側の取り付ける機械の取付形状がJT(ジャコブステーパー)かMT(モールステーパー)かを確認してください。
  • つかみたいストレートドリルのシャンク径(mm)がドリルチャックのツカミ能力(mm)に合うかどうかを確認してください。
  • 機械との取り付けにアーバーが必要になる場合があるので注意してください。