一液型発砲ウレタン(ガンタイプ)の特長と用途 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 発泡ウレタン > 一液型発砲ウレタンの種類と特長

一液型発砲ウレタンの種類と特長

窓枠や配管のすき間を埋めて、結露防止や遮音のために使用する充てん・断熱剤です。

一液型発砲ウレタン(ガンタイプ)
特長

作業を断続的に使用したい場合には、ガンタイプが優れています。
(ストロータイプは1回使いきりです。)
(保管時には、ガンにウレタン缶を取り付けたまま、流量調整ねじを完全に閉め、ウレタン缶を正立状態で、直射日光が当たらない湿気の少ない冷暗所で保管してください。)

  1. 配線ケーブルボックスのはめ込み・すき間充てん・固定に。
  2. 床下のきしみ防止・断熱・保温に。
  3. 配管パイプ貫通部のすき間充てん・固定に。
    一液型発砲ウレタン(ガンタイプ)
用途
  • コンクリートとアルミ窓枠、ドア枠の接着・すき間充てん
  • 結露防止、床下のきしみ防止・断熱・保温
  • 配線ケーブルボックスのはめ込み・すき間充てん・固定
  • 配管パイプ貫通部のすき間充てん・固定
注意事項
  • 〔接着する素材・接着しない素材〕
    ほとんどの素材に接着しますが、ナイロン・ポリエステル・ポリプロピレン・軟質塩化ビニール・シリコン樹脂・フッ素樹脂・ガラスなどには
    接着しません。
  • 〔発泡ウレタンの欠点〕
    発泡ウレタンは紫外線に当たると茶褐色に変色・劣化し、力を加えるとぼろぼろに崩れます。硬化後に塗料(油性・水性と問わず)を塗ったり、
    ウレタンをカットしてパテを塗ったりし、紫外線が当たらないように表面処理をしてください。

JAIA F☆☆☆☆、JAIA 4VOC基準適合について

日本接着剤工業会による“室内空気質汚染対策のための自主管理規定”に基づき、ホルムアルデヒド放散等級、および4物質のVOC基準値が定められています。
商品選定の際は、これらのマークが表記されているかどうかをご確認ください。

ホルムアルデヒド等級区分
等級・記号ホルムアルデヒド放散速度
μg/m2・h
内装仕上げの制限
F☆☆☆☆5以下使用面積に
制限なし
4物質の含有量管理値
物質4VOC含有管理値重量%
トルエン0.1未満
キシレン0.1未満
エチルベンゼン0.1未満
スチレン0.015未満

発泡容積、施工可能長さ、フォーム色を確認してください。


『発泡ウレタン』に関連するカテゴリ