パンクズ 工具の通販モノタロウ > ロール > 三本ロールの特長と使用方法

三本ロールの特長と使用方法

三本ロール

金属薄板の湾曲・円筒加工に使用します。

三本ロール・手動式三本ロール

手動式三本ロール

特長

煙突や保温用円筒カバー製作のため、亜鉛鉄板やカラー鋼板・ステンレスなどを丸めて筒状にします。鉄板をR加工(この場合、曲面加工することです。湾曲したり、円筒に加工すること)して、モーターカバーやギヤやプーリーなどのカバーの製作に利用します。

最小R外径の目安
最小R外径の目安

板金はシャフトAの直径の1.5倍の径のR(曲げ角度)で曲がります。

B=A×1.5

使用方法

(1)

使用方法1

①と②の送りロールにワークをはさんで送ります。ワークの厚みに合わせて②を両サイドのフレーム下のボルトで調整します。

(2)

使用方法2

ワークが①②から出てきたところを③のロールで押し上げて、湾曲加工をします。③は両サイドのフレーム上部のノブボルトで上下します。

(3)

使用方法3

③のロールを除々に上げることでワークは①に巻きつくように湾曲にします。

(4)

使用方法4

筒状に加工したワークは、①のロールを丸ハンドル側を支点に扇状に開いて抜くことができます。

  • 加工ワークの板厚(mm)を確認してください。
  • 機種の加工能力(加工するRの最小径と三本ロールのロール径(mm))を確認してください。
  • 三本ロールには手動式と電動式がありますので確認してください。