インパクトレンチの使い方 【通販モノタロウ】
工具の通販モノタロウ > インパクトレンチ > インパクトレンチの使い方

インパクトレンチの使い方

インパクトレンチは自動車整備には欠かせない工具です。エアーコンプレッサーと電動式の2種類があり、一気にボルトやナットを回したり外したりできます。タイヤ交換に使われることが多く、タイヤを固定しなくても外せるのがメリットです。 自動車整備での活用法、使い方を理解しておきましょう。

インパクトレンチの使い方

インパクトレンチの動力には、エアーコンプレッサーと電動式とがあります。どちらも使い方は同じで、電気タイプはコンセントがある環境での使用に適しており、エアーコンプレッサーは電源が確保できない場所でも使えるのがメリットです。

使用する前には異常が無いか点検をしてください。レンチの損傷やヒビ割れ、レンチ本体の取り付けボルトのゆるみ、エアープラグのねじ部のゆるみ、エアープラグやエアーソケットの磨耗や損傷を確認しましょう。 また、アンビル先端四角部の磨耗、ソケットの磨耗がないことを確認してください。

エアーインパクトレンチの場合は、コンプレッサーを用意します。タンクに空気が溜まるまで時間がかかるため、その間にナットに合わせたサイズにソケットを交換しておきましょう。ソケットはインパクトレンチ専用のものを用意します。 手回しのものは使えません。必要に応じて数種類準備しておくと便利です。ソケットはクボミに引っかかるようなワンタッチ式ではなく、ピンを穴に貫通させOリングで固定してください。ソケットはコンプレッサーに繋ぐ前に装着しておき、間違えてレバーを引いたときの怪我を予防しましょう。

使い方は、レバーを引くだけで回るようになっています。ナットの奥側までしっかり差し込んでからレバーを引いてください。差し込みが甘いとナットの破損に繋がります。回す際には一気に回すのではなく、何段階かに分けて徐々に回したほうが作業しやすいです。

大型トラックやバスなどの大型車のホイール外しでは、レンチ調節ダイヤルをゆるめ用に合わせます。ナットにソケットを水平に装着したら、レバーを引いてナットをゆるめます。ホイールの取り付けは、ディスクホイールやナットに付着しているゴミや砂を取り除いておきましょう。 ボルトやナットのねじ部には潤滑剤を薄く塗布し、ホイールを付けてナットを手で奥まで押し込みます。 レンチの調節ダイヤルを締め用の目盛りに合わせてからレバーを引いて締めてください。ナットの締め付けすぎに注意し、水平になるようにしましょう。最後にトルクレンチで規定のトルクになるよう調節して終了です。また、ホイールナットは50〜100kmごとに増し締めをすると安全性が増します

  • インパクトレンチの使い方
  • インパクトレンチの使い方

自動車整備におけるインパクトレンチの使用シーン

用途としてはタイヤ交換があります。車体を上げながらボルトを回す場合は、タイヤを固定しなければなりません。しかしインパクトレンチならボルト自体に刺激を与えながら回すため、タイヤは回りません。 そのため、ジャッキアップした際にタイヤを固定せず回すことができるのです。また、フライホイール外しや、大型トラックやバスなどのホイール脱着作業にも活用できます。

インパクトレンチを使うと、固く締まったボルトでも外すことが可能です。さらにボルトを回したり外したりする工程が早く、タイヤ専門店や自動車メーカーの整備工場、ガソリンスタンドなど幅広い場所での活用があります。 雪が降る地域では春と秋にタイヤ交換をしなければならず、その時期には一気に対応数も増えるため、インパクトレンチのスピーディさが役立つでしょう。

<まとめ>

インパクトレンチは、素早くタイヤ交換をする際に役立つ工具です。作業数が多い場合は準備しておくと手間がなく、作業がスピーディになります。使い方はサイズに合わせたソケットに取り替え、レバーを引いて回すだけです。締めすぎや破損に注意し作業しましょう。