工具の通販モノタロウ > バイス > 万力(バイス)の使い方

万力(バイス)の使い方

万力(バイス)は、さまざまな加工において材料の固定具として広く用いられるツールです。万力には、その使用目的や構造によって多数の種類があり、それぞれ使用方法も適用範囲も異なっています。 正しく使用しなければ思わぬ事故や材料の変形など各種のトラブルが起こることがあるため、使用方法には十分な注意が必要です。

万力(バイス)の用途

万力(バイス)とは、強い締結力をもって固く材料を挟み付け、金属加工や木工の作業を行いやすく固定するための工具です。

万力のサイズや形状によってその使用範囲はさまざまですが、一般的には、小型工作物の細工、やすりがけ、切断、たがね、組み立て、溶接、仕上げなどの作業時、接着剤の硬化時など、さまざまな状況での固定に用います。 固定することができる物の材質も木材や金属など幅広く、固定物を傷つけたくない場合は、木製やプラスチック製の軟らかい口金を使用したタイプが最適です。

また、取り回しのしやすさも、万力の種類によって異なります。作業台に固定して使用するタイプの取付け万力や、持ち運びに最適で工事現場で活用されているシャコ万力、小さな部品も確実に固定できる小型の手万力など、使用シーンに合わせてさまざまなタイプが活用されています。

万力(バイス)の用途

万力(バイス)の使い方

万力は物を挟むという非常にシンプルな役割をもつ工具ですが、安全に使用するには使用方法をよく理解しておくことが肝心です。

製品の使用方法の確認

万力の使用範囲や能力は、製品によって異なります。使用の際にはそれぞれの製品の取扱説明書をよく確認し、使用方法や使用範囲を十分に確認してから作業にあたってください。

定置(取付け万力)

取付け万力は、作業台などの安定した台にクランプしてから使用します。

固定

口金に挟みたいものを挟み、ねじやハンドルを回すなど、所定の操作によってゆっくりと締め付けて固定します。固定の際には、締め付けが足りないと作業中に固定物が動いて危険です。反対に締め付けすぎた場合は、固定物の損傷や機械の故障につながります。 したがって、固定物の厚みや硬度に応じた適切な締め付けを加えることが肝心です。柔らかい材質のものを挟む際には、口金が食い込むことによる材質の変形を防ぐため、当て物を使用してもよいでしょう。

固定中の作業

作業の際は、固定物にグラつきがないかどうか注意を払いながら作業を行ってください。衝撃の加わる作業を行う場合は、作業の影響で固定が緩んでくる可能性もあります。 特にやすりがけやたがねなど、一方向に向かって大きな力がかかる作業を行うときは、調整可能な口金の側ではなく、固定された口金の側に力がかかるよう固定物の向きを工夫すると良いでしょう。

使用上の注意点

取付け万力の場合

取付部位は、作業台などのしっかりと安定した台が適切です。不安定な場所への取付けは思わぬ事故につながります。また、ハンドルをハンマーで叩いて回す、ハンドルにパイプ等を継ぎ足して回すなどして無理に過大な締め付けを加えてはいけません。

シャコ万力の場合

2材を重ね合わせて固定する場合は、安定性の確保のため、固定部分がきちんと重なった状態となるよう注意してください。固定する物の大きさ、長さによっては、シャコ万力を複数使用して固定しましょう。 勾配のある物、テーパのついた物の固定の際は、滑りやすいため、固定が確実であることをよく確認してください。

また、シャコ万力を牽引具・吊り具として用いたり、足場代わりに部材に取り付けて使用したりすることは厳禁です。締め付けが緩んで外れた際、大きな事故につながる恐れがあります。

シャコ万力の場合

手万力の場合

小さいものを挟む際に口金部が狭くなるため、手指の挟み込みに注意してください。

手万力の場合

<まとめ>

万力は、さまざまな加工において必要不可欠な工具です。正しい使用方法を守って安全に留意しながら使用しましょう。


『バイス/クランプ/ハンドプレス』に関連するカテゴリ