膜厚計 コーティングテストマスター

膜厚計 コーティングテストマスター Laserliner(レーザーライナー)
(3件のレビュー)

塗装をスピーディにピンポイントチェック!鉄・非鉄の測定素地を自動識別。磁性金属、非磁性金属、二つの素地を1台で測定できるハンディタイプの膜厚計。測定値はUSBポートからパソコンに転送可能。
測定時の「最大値」「最小値」「平均値」もワンタッチ表示。

用途自動車、船舶、自転車、化学プラント、アルミ・ステンレス製品、機械部品、家電製品、貴金属、建造物の塗装・ライニングチェック。 測定範囲(μm)0~1250 付属品保管兼用キャリングケース、純正品検査証、コンタクトカード、シリアル番号登録済タグ(本体貼付)、USB接続ケーブル、PCソフトウェア、単四乾電池×2本 質量(g)115(電池含む) 電源単四乾電池×2本 測定精度0~850μm(±3%+1μm)、850~1250μm(±5%) 寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm)50×23×110 RoHS指令(10物質対応)対応 内容量1台
お気に入りに追加
1件中 1~1件 各品番毎の詳細は注文コードをクリックしてください
注文コード
品番
参考基準価格(税別) 販売価格(税別) 販売価格(税込) 出荷目安 数量
18623106 -
52,800
51,900
57,090 (税込)
当日出荷
お気に入りに追加
各品番毎の詳細は注文コードをクリックしてください

カテゴリ

商品レビュー

平均満足度:
総レビュー件数: 3
毎月抽選で 1,000名様500円クーポンをプレゼント! 商品レビューを投稿する
2023-11-17
用途:
塗装後の膜厚確認
サノヤステクノサポート株式会社 様 (製造業)

基材がSUSの塗膜厚さを計測できるものを探したどりついたのですが、SUS304、316、316Lとか
オーステナイト系のSUSは 正確な値が計測されでないです。塗膜なしの基材を測ると100ミクロンくらいの表示がでます。

対象商品:
18623106
2021-10-27
用途:
塗装の膜厚検査

二度目の購入です。いろいろ試しましたが、これが一番使いやすい。パソコンにとばすことも出来て便利です。一点残念なのは、電池の減りが早いです。

1人が参考にしています
対象商品:
18623106
2016-09-29
用途:
塗装工事の膜厚検査

金額の割にはきちんと数値がでますが、使い方が少しわかりずらかったです。

1人が参考にしています

よくあるご質問(FAQ)

ご質問は製品仕様に関する内容に限らせて頂きます。

「膜厚計」にはこんなカテゴリがあります

シェアする