パンクズ工具の通販モノタロウ > リフマ(リフティングマグネット) > リフティングマグネットの種類と特長

リフティングマグネットの種類と特長

リフティングマグネット(永磁タイプ)

原材料や製品などの重量物の吊り上げ、搬送などに用います。

リフティングマグネット(永磁タイプ)
特長
  • 電源不要なので停電などの電気的不安がありません。
  • 配電や整流器が不要なので場所を選ばず使えます。
  • 小型でも高い磁力効果が得られます。
  • マグネットON・OFF切換えが容易にできるため作業効率がアップします。
  • 小物から重量物までワークに合わせた幅広い機種選定が可能です。

リフティングマグネット(電磁タイプ)

リフティングマグネット(電磁タイプ)
特長
  • 磁力の強さを容易に調整でき、枚数制御吊りが可能です。
  • 大型化および連結形化ができます。
  • 遠隔操作や作業の自動化が可能です。

リフティングマグネット(永電磁タイプ)

リフティングマグネット(永電磁タイプ)
特長
  • 着脱操作時のみ通電し、永久磁石で吸着するので停電時も安全です。
  • 消費電力もわずかです。
  • 遠隔操作や連結使用による自動化ができます。

リフティングマグネット(バッテリータイプ)

リフティングマグネット(バッテリータイプ)
特長
  • 配線電源不要のため場所を選びません。
  • 停電やケーブルの切断に対する不安がありません。
  • バッテリー内蔵で機動性に優れます。しかも遠隔操作もできます。
注意事項
  • ●吸着力
    吸着物の厚みや吸着物とマグネットとの間の空隙(すきま)の大小、および吸着物の材質などによって、
    得られる吸着力は大幅に違ってきます。右の図を参照してください。

  • ●最大吸着力
    吸着物の厚みが充分に厚く、吸着表面にゴミや突起がなく密着し、吸着面から全面吸着した状態で
    材質が軟鋼SS400の場合、その吸着力を上限とみなし、最大吸着力として表わします。

  • ●吊上能力
    最も条件が整った状態での吸着力を最大吸着力と呼び、最大吸着力の1/2、1/3、1/4を、
    マグネットの能力の目安として吊り上げ能力と称しています。
    しかし、吸着物の厚みが薄い場合などには、吊り上げ能力で表示した重量を吊ることも困難になります。
    (板厚が薄いと、吸着力が低下します。)

  • ●吊り荷のサイズ決定
    吊り上げる鋼板などのサイズは板厚、たわみ・ゴミなどによる空隙、吸着面積、材質、吊荷の
    バランスなどの条件と安全係数を考慮して、決めてください。
●板厚と空隙による吸着力の変化
板厚と空隙による吸着力の変化

●材質による吸着力の差
材質による吸着力の差
●吸着面粗さによる吸着力の差
吸着面粗さによる吸着力の差
  • マグネットの種類(永磁式、電磁式など)を確認してください。
  • 吊上能力(kg)を確認してください。

『リフマ(リフティングマグネット)』に関連するカテゴリ