テンショナー(タイトナー)の使い方 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > テンショナー > テンショナー(タイトナー)の使い方

テンショナー(タイトナー)の使い方

チェーンやベルトのたるみを調整する緊張装置です。

テンショナー(タイトナー)
特長
  • チェーンやベルトに適当な張りを与えて、ゆるみやスリップによる動力伝動のロスを防ぎます。
  • 使用中に伸びたチェーンやベルトから生じる揺動・振動・衝撃を静粛にします。
  • ゆるんだチェーンやベルトはスプロケットやプーリと過大な接触を繰り返すため、双方の寿命を縮めます。適度なテンショニングでチェーンやベルトとの駆動性を高め、寿命を延ばします。
使用例(下記のような場合に利用してください。)
 ベルト駆動の場合チェーン駆動の場合
現象@ルトが異常に振動する。
A軸受が固定式でたわみが生じる。
B変速比が大きくて、ベルトが小プーリから脱落する。
C小、大プーリで、ベルトガイドができない。


@チェーンが振動や横振れする。
Aチェーンがスプロケットに巻きつく。
B軸受が固定式で、たわみが生じる。
Cチェーンとスプロケットの噛み合いが悪い。
D重荷重で、ON・OFF起動がしばしばある。
E急に逆転する。
テンショナー(タイトナー)の使用方法
  • 過大なテンションをかけるのは良くありません。適当なゆるみを考慮してください。
  • アイドラーはゆるみ側で使用してください。
  • 外側からテンションをかける場合、軸間距離で約1/3の位置で、小スプロケット(プーリ)寄りにセットしてください。
    チェーンとスプロケット、ベルトとプーリの巻付角度、接触角度が大きくとれ、伝動効率が高まります。
  • 内側からテンションをかける場合、大スプロケット(プーリ)寄りにセットしてください。
  • スプロケットアイドラーではなるべく3枚以上の歯をチェーンにかけてください。
テンショナー(タイトナー)
  • テンショナー(タイトナー)の取り付け位置を確認してください。
  • チェーンの番手No.の確認をしてください。(チェーンテンショナーの場合)
  • 用途に合ったタイプ(種類)を選んでください。

『スプロケット・アイドラー』に関連するカテゴリ