接点復活剤の特長と通電原理 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 帯電防止剤/接点復活剤 > 接点復活剤の特長と通電原理

接点復活剤の特長と通電原理

電子部品の様々な電気接点の汚れを取り除き、電気の流れを回復させる洗浄剤です。

接点復活剤
特長

●ほんの少量で電気接点が活性化し、通電機能を回復させ効果が長時間持続します。
●潤滑性も良く、接点の摩耗を防ぎます。

  • スイッチ、リレー、配電盤、プリント配線回路、コンピューター、テレビ、コピー機、通信電話機器などの接点復活に。
  • あらゆる電気装置の日常保守管理、防錆および接点部分のカーボンなどの汚れの除去に。
    接点復活剤
接点復活剤の通電原理について
接点復活剤

一般的に金属の表面は、大きく拡大してみると凹凸の状態となっており、コネクタなどの電気接点は金属の凸部分の「点」のみで通電しているため、接触抵抗が一定でない不安定な状態となっており、本来伝えられるべき電気信号の多くが欠損しています。

電気接点に本液を塗布すると、本液は凹部に非常に薄い油膜(数+Å)を形成します。(※1Åは0.1ナノメートル)電気信号はトンネル効果と呼ばれる現象により、この非常に薄い油膜を通して流れるようになります。このことにより電気接点は、金属表面の凸部による金属通電に加え、本液による薄膜接触通電により通電面積を広げた状況となります。そのため、電気接点の接触面積が広がったのと同じ状態となり、接触抵抗を減少させるとともに、通電状態を安定させます。

注意事項
  • ・機器の電源を完全に切ってから使用してください。
  • ・プラスチックやゴムにはなるべくかけすぎないように注意してください。

用途に合わせてタイプ・容量(ml)を選んでください。