フランジの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > フランジ > フランジの種類と特長

フランジの種類と特長

フランジ

配管の継手のすき間を埋め、漏れを止める役目をするものです。

フランジ(スリップオンタイプ)
フランジ(スリップオンタイプ)

低圧用高圧用
使用環境によって様々なものがあります。

丸い円形のものが主流です。中心にパイプを通す穴が開いています。その穴の周辺にボルトを通す穴もあいています。
パッキンは用途に応じてお選びください。

フランジ(ブラインドタイプ)

フランジ(ブラインドタイプ)
特長
  • さし込み溶接タイプのものと組み合わせ、フタをするものです。
  • パイプを通す穴はありません。ただし、ボルトを通す穴はあります。

フランジ(ねじ込みタイプ)

フランジ(ねじ込みタイプ)
特長

現場で火気が使用できない(溶接できない)場合に使用します。

  • 材質を確認してください。(ステンレス、鉄、塩ビなど)
  • 呼び径(内径)(インチ)を確認してください。
  • 使用圧力(kgf/cm2)を確認してください。
  • 規格(JIS・ANSI・JPIなど)を確認してください。

『溶接継手』に関連するカテゴリ