自動車を分解・整備・組立まで行なうために必要なものが、整備工具・収納に関する道具です。自動車の整備は分解から始まり、分解品の整備と検査、組立が完了したのちに最終検査を行ないます。その間に使用される工具が、機械一般で使われる一般工具、自動車専用の工具、測定を行う機器です。特に大型車には専用の大型車・トラック専用工具が必要になります。また、分解から組立までの間にバラバラになった部品を保管するものが収納用品です。さらに、必要工具を一式持ち運んで使う工具入れが工具ボックスで、所有する全工具を保管・管理するものがキャビネットです。
2件中 1~2件
並び替え
おすすめ順
単価の安い順
単価の高い順
レビュー評価の高い順
レビューの多い順
1パック(4巻)ほか
4,990 税込5,489
3日以内出荷から5日以内出荷
バリエーション一覧へ (2種類の商品があります)

アーガスでは真のバッテリー劣化を導き出すためにバッテリーの内部抵抗に着目し、安定的かつ瞬間的に測定する技術を開発しました。計測に掛かる時間は僅か1ms、たった千分の一秒で内部抵抗を測定し、バッテリーの良否(寿命)を判定します。 これがアーガス独自のLPR(Large Pulse Resistance)測定技術です。その判定精度は非常に高く、またエンジンを掛けたままでの測定も可能です。 きちんとした診断を行っても、それをお客様に分かり易い形で提示できなければ、何の意味もありません。アーガスはSoC、BL、CH、クランキング時の最低電圧など、さまざまな診断結果をもとに、「いますぐ交換、近々交換すべき、そのまま使用可能」かを、明確にプリントアウトしてくれます。また診断結果を分析することで、お客様にさまざまなアドバイスを行うことができます。 アーガスは「スタータースイッチを廻してエンジンが始動するまで」のバッテリーの電圧変化を精密に測定し、この重要な始動能力の点検を正確に行います。これがアーガス独自のCC(Crank Check)測定技術です。 LPR測定技術で[バッテリー自体の健康状態]を診断し、CC測定技術で「そのバッテリーが、その車に相応しいものであるかどうか」を診断する、二つの測定技術を融合させた、バッテリーだけでなく始動・充電システムも総合的に診断できる、最先端のバッテリーテスターです。
使用温度範囲(℃)-10~60 バッテリー電圧(V)(測定可能)12※24V車の場合は、それぞれのバッテリーに対し測定を実施してください。 入力電圧許容範囲(V)DC5~16 測定範囲(CCA値)30~2000
取扱い終了