パンクズ工具の通販モノタロウ > センタードリル > センタードリルのタイプと特長

センタードリルのタイプと特長

センター穴を加工するのに用いるドリルです。

センタードリル
特長

ドリル自身の溝長が短いため、剛性があります。また他のショートタイプのドリルと比べ、刃形状が位置ずれしにくい構造になっているので、センタードリルは本来センター穴をあけるためのものですが、ドリルで穴あけ加工をする際に位置がずれないようにするための、位置決めのために使われることもあります。

センタードリルのタイプ

グレーの箇所:センター穴加工後の断面      白の箇所:レースセンター

  • A型60°
  • A型60°
  • 標準タイプ/最も多く使われています。
  • A型75°
  • A型75°
  • 一部のセンター穴に使用されています。
  • A型90°
  • A型90°
  • 一部のセンター穴のほか、面取りをかねた位置決めに使用されています。
  • B型60°
  • B型60°
  • センター穴を保護するタイプです。
  • C型60
  • C型60
  • センター穴を保護するタイプです。
  • R型60°
  • R型60°
  • センターとのあたりが線接触となる小物の精密加工に多く使われています。

センター穴とは

各種機械加工で円筒物を加工する際、レースセンターをあてがう穴のことを、センター穴と呼びます。このセンター穴は、全ての加工の基準となり、高精度な加工には必要不可欠となっています。このような加工は「センター作業」と呼ばれ古くから使われています。「センター作業」の他に加工物の外周部を保持した加工方法があり、これを「チャッキング加工」と呼び、生産性の良さから増えている加工方法の一つです。

確認箇所
  • 刃先径(小径)を確認してください。
  • センター穴角を確認してください。
  • タイプを確認してください。
  • 被削材を確認してください。
  • 工具材質およびコーティングの有無を選択してください。