パンクズ工具の通販モノタロウ > 曲尺 > 曲尺の使い方とJIS規格

曲尺の使い方とJIS規格

長さの測定、直角の確認に使用します。

曲尺
特長
  • 目盛りはエッチングで刻み、黒色クロムメッキなので色落ちしにくく、長期間使用できます。
  • 直角を利用した線引きや測定ができます。
  • 直角の測定、ケガキ作業時の補助具として使用します。
  • 直角に墨をつける
  • 直角に墨をつける
  • 角目の使い方
  • 角目の使い方
  • 図のように円の直径が角目目盛で20cmの場合、1辺が20cmの角取りができます。
  • 丸目の使い方
  • 丸目の使い方
  • 図のように直径が丸目目盛で90cmの場合、この円周は90cmであることがわかります。
  • 深さ(ホゾ穴)測定目盛
  • 深さ(ホゾ穴)測定目盛
  • 加工した溝の深さやすき間などを測る時に便利です。
  • 等分割
  • 等分割
  • 材料の幅を測らなくても等分割できます。6等分したい時は、6で割り切れる数に合わせて印をつけます。
  •  
金属製角度直尺(曲尺)JIS規格

B7534(抜枠)2013年12月現在

金属製角度直尺(曲尺)JIS規格
  1. 長さの許容差
  2. 目盛側面の直角度
  3. 目盛側面の真直度
  4. 目盛側面の平面度
  5. 目盛
  6. 厚さ
区分項目基準
規格JIS  B7534-2005 
材料硬さA形B形C形
Hv320以上Hv210以上Hv210以上
形状寸法及び性能@長さの許容差温度20°Cを基準として、基点からの長さおよび任意の2目盛間の長さについて±0.2mmとする。
A目盛側面の直角度長枝と短枝と目盛側面の直角度は100mmにつき0.1mm以下。
B目盛側面の真直度長枝及び短枝それぞれ(0.3+長枝又は短枝の全長/2,500)mm以内。
C目盛側面の平面度A形の角度直尺は長枝の両端の間隔がその目盛の長さの3/4になるように曲げて戻した時、
長枝の目盛面の平面度がその目盛の長さの1/100以下とする。
D目盛目盛線は目盛面のりょう(稜)に達しており、かつ、目盛面のりょうに対する直角度が5mmにつき0.2mm以下。
目盛線の太さは0.2〜0.45mmとし、太さの同じ目盛線はその最小値が最大値の55%以上。
E幅A形・B形  15.0±0.3mm/C形  20.0±0.3mm・15.0±0.3mm
F厚さA形  1.4±0.4mm    B形  T:2.6±0.3mm  t:2.0±0.3mm
形状 断面図
断面図
A形B形C形
A形 B形 C形

・HV(ハードビッカーズ)…硬さの単位。数字が大きいほど硬い。

角目について

角目について

裏面に角目が付いていると、角材の寸法取りが簡単にできます。
「角目」… 表の目盛りを√ ̄2倍(1.414倍)した目盛です。
この角目で丸太の直径を測り、何cmの角材(柱)がとれるかを求めます。

図のように円の直径が角目目盛で10cmの場合、1辺が10cmの角取りができます。

注意事項
直角度が大事な製品でもありますので落としたりぶつけたりしないように取り扱いにはご注意ください。
  • サイズ(長辺×短辺)(mm)を確認してください。
  • 幅(mm)を確認してください。
  • 厚み(mm)を確認してください。
  • 目盛を確認してください。(cm目盛、尺目盛、併用目盛など)

『直尺・曲尺・定規』に関連するカテゴリ