騒音計の種類と騒音レベルの目安 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 騒音計・地震計・振動計 > 騒音計の種類と騒音レベルの目安

騒音計の種類と騒音レベルの目安

騒音計

騒音を測定する測定器です。

騒音計
特長

機械や車・飛行機の騒音測定や、防音設備の性能試験に
使用します。

普通騒音計

屋外・工場・事務所などの環境騒音測定を目的とした騒音計で、
一般的な測定器です。

精密騒音計

様々な分野の騒音研究、あるいは評価を行うユーザーのあらゆる
計測条件にも対応できることを目的として様々な機能を持った
測定器です。

騒音の大きさの目安
騒音の大きさの目安
騒音計の種類
  • 1.普通騒音計・精密騒音計
  • 最も一般的な騒音計で性能が規格などで定められて
    います。精度が異なります。
  • 2.精密計測用レベル計
  • 幅広い測定周波数と測定レベル範囲を持ち、様々な
    音響計測に対応できます。
  • 3.分析機能付騒音計
  • 実時間分析機能、もしくはFFT機能を内蔵した携帯型
    騒音計です。
  • 4.環境騒音観測装置
  • 騒音規制法や環境基準に定められた方法でデータ処理を
    行います。騒音の測定と観測・監視に用いられます。
  • 5.周波音レベル計
  • G特性音圧レベルの測定と同時に1/3オクターブの実時間分析ができます。
  • 6.騒音表示装置
  • 街頭に設置して、その周辺の騒音レベルを電光掲示板に
    表示する装置です。
注意事項
騒音計を手に持って測定する場合、測定者の体が音を妨げたり、反響させたりします。
使用時には最低でも体から30cm以上離して使用してください。
  • 計測範囲(dB)を確認してください。
  • 普通騒音計か精密騒音計かを確認してください。
  • 騒音測定以外の機能(周波数など)が必要かを確認してください。

『騒音計・地震計・振動計』に関連するカテゴリ