ホイスト(クレーン)スケールの種類と特長 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > デジタル式吊はかり > ホイスト(クレーン)スケールの種類

ホイスト(クレーン)スケールの種類

ホイスト(クレーン)スケール

台はかりでは計量しにくい物や場所でも計量可能なはかりです。

ホイスト(クレーン)スケール
特長
  • 天井クレーンなどに吊り下げて使用します。
    台はかりでは計量しにくい物でも運びながら計量できます。
  • はかりのようにスペースを取らず計量可能です。
  • 本体に計量表示があるため、即座に質量値を把握できます。
  • バッテリー式なので移動が簡単です。
  • 防水なら屋外でも使用可能です。

無線式ホイスト(クレーン)スケール

無線式ホイスト(クレーン)スケール
特長
  • 高いところ、遠いところでの計量結果を手元の指示計で表示確認
    できます。
  • パソコンへのデータの取り込みやプリンター印字が必要な場合は、
    無線式を選択してください。
確認
  • はかり本体と指示計までの距離(m)(屋内・屋外)を確認してください。
「検定付」なら計量しながら積み込みができ、その計量結果を取引証明に使用できます。

検定付とは…
経済産業省令で定められた基準に合格し検定証印または基準適合証印が付されたはかりを検定付はかりと呼び取引証明に
使用できます。

取引証明用とは…
計った「質量」をもとにして売買などを行うことです。取引証明に使用するはかりは検定付でなければならないと計量法で
定められています。

  • 秤量(kg)(計量できる最大質量=被計量物+風袋)を確認してください。
  • 本体のサイズ(mm)を確認してください。
  • 目量(質量を読みとることができる最小の値)が対応しているかを確認してください。
  • 取引証明用として使用する場合は検定付のはかりをお選びください。
  • 防水機能は必要か確認してください。
  • 使用する地域を確認してください。(重力加速度の設定のために必要です。)

『吊はかり』に関連するカテゴリ