パンクズ工具の通販モノタロウ > パンチャー > 電動油圧式パンチャーの種類と特長

電動油圧式パンチャーの種類と特長

穴あけに使用する工具です。

電動油圧式パンチャー
特長
  • 溝形鋼(チャンネル)・山形鋼(アングル)・平鋼(フラットバー)の穴あけに使用する工具です。
  • 小型電動油圧ポンプにより、高出力で鋼材を穴あけします。
  • 複動オートリターン機構搭載により、ピストンの下降、上昇のどちらにも油圧を使用し、パンチャーと材料をスムーズに引き放す画期的な機構で作業効率を高めます。
  • センター付ワーク受けを使用することにより、加工する穴の中心が誰にでも簡単に確認できます。
    主なパンチャー用替刃

電動油圧式パンチャー(省スペース加工可能型)

電動油圧式パンチャー(省スペース加工可能型)
特長
  • モーター部が折れ曲がり、狭い場所での作業を可能にしたバリアフリータイプのポートパンチャーです。

メンテナンス方法

穴あけ作業を行ったあとは抜きカスを必ず取り除いてください。
(そのまま使用すると刃物が破損するおそれがあります。)

電動油圧式パンチャー(ノッチングタイプ)

電動油圧式パンチャー(ノッチングタイプ)
特長
  • 配電盤など板金物のケガキ(穴の修正)、穴あけを行う工具です。
  • ケガキ機能は、ピッチングパンチの電動タイプです。
  • 従来φ20以上の穴あけはホールソーを用いていました。ホールソーは切り粉を飛散させ、時間もかかっていました。また仕上り面もバリが発生し、ヤスリで修正する必要がありました。
            ↓
    ノッチングパンチは刃物で抜くので切り粉が出ません。また仕上げ面も良好で、短時間で行うことが可能です。
ケガキ穴とパンチ穴の種類
ケガキ穴とパンチ穴の種類

電動油圧式パンチャー(フリータイプ)

電動油圧式パンチャー(フリータイプ)
特長
  • フリーパンチは刃物で穴を抜くので、切り粉が発生せず仕上げ面も良好です。(手直しがいりません)時間も短時間で行うことができます。
    主なパンチャー用替刃
穴あけの手順
穴あけの手順
確認箇所
  • 最大加工板厚(mm)を確認してください。板の厚みによって取り付ける刃物を確認してください。
    (能力外のものを使用すると、刃物が破損する恐れがあるので注意してください。)
  • 材質(鉄・ステンレス)を確認してください。
  • 穴あけ最大径(mm)を確認してください。また、丸穴、長穴の確認もしてください。
  • 用途に合わせてタイプ(種類)を選んでください。
  • パンチャー用の替刃(ポンチ・ダイス)もあります。

『金属加工』に関連するカテゴリ