ハンマーの種類と用途 【通販モノタロウ】

ハンマーの種類と用途

頭部
材質
種類 特長 主な用途 対象物
金属 石材 木材

片手ハンマー
頭部形状の片側が平ら(平頭)で、反対側が球状(丸頭)になっている。
平頭部は鉄工用のピン等の打ち込みに、丸頭部は鉄板等をR状に曲げたりするのに使用する。
鉄工作業全般、
刻印・マーク・ポンチの打込み

両口ハンマー
片側が平で反対側が少し膨らんだ形になっていて、木が傷付かない配慮がされている。
片手ハンマーよりも重量があり、鉄工作業で使われることが多い。
鉄工作業全般、
建築・土木作業全般、
板金・解体作業、
アンカー・測量釘などの打ち込み作業

片口ハンマー
頭部の片側が尖っており、釘締め作業に適している。
頭部の重量比の関係により両口ハンマーに比べて打撃が安定しやすい。
鉄工作業全般、解体作業、釘打ち

ネイルハンマー
西洋から入ってきたハンマーで片側が釘抜きとなっている。
頭部の重心が打撃側にあるので釘打ち時に安定しやすい。
釘打ち・釘抜きなど大工作業全般

仮枠ハンマー
片側が釘抜きになっている。
頭部が長いので、長い釘でも比較的抜きやすい。
仮枠作業

トンカチ
片側が四角形の平頭で、反対側がくさびのように先端が尖った形になっている。
先端の尖った部分でブロックやレンガにひびを入れ、打撃面で割るといった使い方ができる。
ブロックやレンガの解体

石頭ハンマー
通常のハンマーよりも大きめで重量は1〜2kg程度のものが多い。
頭部は片側が平面で、もう片側が凸面になっている。
石割り、はつり作業などの石工作業全般

テストハンマー
(点検ハンマー)
対象物を叩いたときの反響音で、ヒビ割れや減耗状態などを調べるための道具。
普通の金槌では届かないような部分も叩けるように、柄が長くなっているのが特長。
機械機器や車輌の点検、
コンクリート構造物の強度確認

電工ハンマー
電気工事用に使われるハンマーで、グリップの台尻部分がソケットレンチになっているのが特長。 電気・設備工事用

溶接用ハンマー
溶接作業のバリ取りやカス取りに使われるハンマー。
頭の形状はポイントやチゼルになっており、用途によって使い分けることが可能。
溶接作業のバリ取り、カス取り
非鉄金属
銅ハンマー
工作物に傷を付けないように柔らかい金属の銅で頭部が出来ているハンマー。
たたいて火花が出ると危険な場所でも使用される。
治具の取り付け、金型作業、
機械の組立・修理等

板金用ハンマー
鉄板を叩いて自在に曲げられるよう、打撃面は緩やかなカーブ状になっている。
一般的なハンマーと比べて打撃面は薄く軽量なものが多い。
板金作業

アルミハンマー
非鉄ハンマーの中では比較的硬度があり、打撃力、耐久性に優れている。 治具の取り付け、金型作業、
機械の組立・修理等

木ハンマー
頭部が木でできた小型のハンマー。木部のはめ込みなど傷をつけたくない作業に使用する。 のみや鉋の打ち込み、
木製品の組立て、
日曜大工・工作

掛矢
樫などの硬い木で作られた大型の木槌で、主に杭打ちなど大掛かりな作業で使用される。 杭打ち、解体作業
樹脂・ゴム
樹脂ハンマー
(プラスチックハンマー)
頭部がプラスチックでできており、対象物を傷つけにくいのが特長。
硬度・打撃力を確保するために頭部の中心部は鉄製となっている。
治具の取り付け、金型作業、
機械の組立・修理等、木製品の組立て

ショックレスハンマー
ハンマー頭部の中に鉄球や砂などの重りが3/4ほど入った容器があり、
この重りの移動によって反動を吸収し、衝撃を軽減する構造になっている。
治具の取り付け、金型作業、
機械の組立・修理等、

コンビハンマー
両側に異なった打撃面を取付けることができる。
ゴムとプラスチック、ゴムと鉄など用途によって自由に組み合わせられる。
【鉄】鉄工作業全般
【樹脂・ゴム】プラスチック・木製品などの組立て

ゴムハンマー
相手にたたいた跡が残りにくいので木材を組む時に直接たたいて使用できる。
重量があるので樹脂ハンマーよりもしっかりたたくことができる。
打撃物への色移りが気になる場合は白色のものを使用するとよい。
家具、木製品の組み立て、
レンガ・ブロック等の施工作業

『ハンマー/ポンチ/バール/てこ/刻印』に関連するカテゴリ