鉄工ドリル用研磨シャープナー

 

鉄工ドリル用研磨シャープナー 3.23 (35件の商品レビュー)

電動ドリルを使って、切れ味の悪くなった鉄工用ドリル刃のカッティングエッジの再研磨が簡単にできる、便利な鉄工用ドリル研磨シャープナーです。
用途
鉄工用ドリル(材質:HSS鋼、先端角:118°、刃径:Φ2.0〜12.5)再研磨用。
仕様
右回転
粒度
100
使用範囲(mm)
Φ2.0〜12.5(5/64〜1/2inch)
最適使用回転数(min-1[r.p.m])
2000〜3500
内容量
1個
注意
※刃先が折れたり、欠けたり、曲がったりした鉄工用ドリル刃やチップ付きコンクリートドリルの再研磨には使用できません。
※六角軸ドリルは使用できません。
※ケガの恐れがあるため、使用時は必ず保護具を身に付けてください。
 
お気に入りに追加
↓各品番毎の詳細は注文コードをクリックしてください。
1 件中 1 - 1 件
注文
コード

品番
材質
通常価格
(税別)
購入数 販売価格
(税別)
出荷
関連
数量
48762008 - (本体)ポリプロピレン、(砥石)PA
¥999 1 ¥999
平日15時までのご注文は、当日出荷になります。(土・日・祝は除く)
返品保証
↑各品番毎の詳細は注文コードをクリックしてください。
お気に入りに追加
 

 
 

モノタロウ 鉄工ドリル用研磨シャープナー 使用方法

この動画は、22人が参考にしています。
この動画を評価してください: このレビューが参考になった。

平均満足度: 3.23  総レビュー件数: 35 商品レビューを投稿する 毎月抽選で1,000名様にプレゼントがあたる!

満足度: 5

用途: これはイイ!!

ドリルを何本捨ててきことか。。。
そもそも砥石で研げば使えることすら知りませんでしたがこの商品ならド素人でも切れ味復活できます!
ドリル50本研ぎまくってしまいました。

これは注文コード 48762008 についてのレビューです。 このレビューを評価してください: このレビューが参考になった。 [2018-09-06]

満足度: 5

用途: ドリル刃のメンテナンスの時に使用

簡単にセットして気軽にとの刃をけんま出来て重宝してます。

これは注文コード 48762008 についてのレビューです。 このレビューを評価してください: このレビューが参考になった。 [2018-08-26]

満足度: 4

用途: キリが滑ってきれなくなった時

買い換えようとしたキリが復活しました助かりました
ドラムとしたの支持部分が 使っているうちに折れそうです。

これは注文コード 48762008 についてのレビューです。 このレビューを評価してください: このレビューが参考になった。 青柳企画 様 [2018-09-18]

満足度: 3

用途: ビットの再生

使用方法の動画を参考にてますが、コツがいりますね。うまく研磨出来るまで練習あるのみでしょうか。

これは注文コード 48762008 についてのレビューです。 このレビューを評価してください: このレビューが参考になった。 [2018-08-11]

満足度: 2

用途: 機械メンテナンス

丸軸だけでなく、六角軸の鉄鋼ドリルも研磨出来るとよいですね

これは注文コード 48762008 についてのレビューです。 このレビューを評価してください: このレビューが参考になった。 [2018-07-19]

満足度: 2 (このレビューは、1人が参考にしています。)

用途: ドリルビット研磨

文字通うりドリルビット研磨に使用ですが
まっ使えない事はなさそうだがコツをつかまないとうまく研磨できない。

これは注文コード 48762008 についてのレビューです。 このレビューを評価してください: このレビューが参考になった。 [2018-06-07]

満足度: 5

用途: 鋼製ドリル刃の研磨

鋼製ドリル刃Φ2〜10mmの穿孔力が悪くなったので、
購入した研磨シャープナーの六角突起を、電動ドリル10秒間
回転研磨したら、また、ドリル刃の切れ味が復活した。
とにかく、「簡単」に、ドリル刃を研磨できた。

これは注文コード 48762008 についてのレビューです。 このレビューを評価してください: このレビューが参考になった。 [2018-02-16]

満足度: 1 (このレビューは、5人が参考にしています。)

用途: ドリル研磨

もともとベンチグラインダーで目測で研磨をこなせる程度の経験はあります。
出先や自宅で切れが悪くなったキリを再研出来たら便利だと思い購入しました。
メリットはガイド付きという点ですが、このガイドが曲者です。
砥石とガイドの接合部に強度がなく、砥石とキリが当たると砥石の回転に引きずられてガイドがたわみます。
結果逃げ角をキチンと作ることが出来ません。下手すると刃より逃げの方が高くなってしまうことも、
キリを当てるときはたわまないよう、回転で跳ねないよう、引きずらないよう注意する必要があります。
回転方向や削りカスの飛散を考慮してガイドを作ったのでしょうが、商品画像の正面から見た状態で研磨を行うと、刃が背面を向く形になりどの程度削れているかの確認が出来ません。これが逆向きなら、削りながら確認出来たのに。
またここまで求める方は少ないのかも知れませんが、砥石側面が覆われているためシンニングを行うことが出来ません。このツールだけで再研を重ねるとセンターの出しにくいキリになってしまいます。
キリの研磨方法についての詳細説明がないことから、ある程度知識がある方向けの商品になると思います。ただそういった方だと、ガイドは無しカバーは半円を覆う程度の方が色々調整できて使い勝手が良いのかも知れません。

これは注文コード 48762008 についてのレビューです。 このレビューを評価してください: このレビューが参考になった。 [2018-07-01]

この商品について質問する ご質問は製品仕様に関する内容に限らせて頂きます。


この商品についてTwitterでつぶやく