金属切削加工の3つの加工方法 【通販モノタロウ】
パンクズ工具の通販モノタロウ > 切削工具 > 金属切削加工の3つの加工方法

金属切削加工の3つの加工方法

円筒型やチューブ状、板状の金属も思い通りに成型することが金属切削加工です。複雑な形をみると「これは、どうやって削っているのかな?」と、疑問に感じることもあると思いますが、下の3パターンの技術を駆使すれば、どんな形の成型も思いのままです。方法と素材さえ解かれば切削加工の工具の選択も理解できます。

旋削加工(ターニング)

旋削加工

被削材を回転させ、切刃を押しながら表面を削り、形状を造ります。
(円筒型の金属を加工する場合)

  • 外径加工
  • 外径加工
  • ねじ切り加工
  • ねじ切り加工

  • 内径加工
  • 内径加工
  • 突切り加工
  • 突切り加工

フライス加工(ミーリング)

フライス加工

被削材を固定させ、回転する切刃で表面を削り、形状を造ります。
(四角い金属を加工する場合)

  • 正面削り
  • 正面削り
  • サイドカッター
  • サイドカッター

  • エンドミル
  • エンドミル
  • ソリッドエンドミル
  • ソリッドエンドミル

穴あけ加工(ドリリング)

フライス加工

被削材を固定させ、回転するドリルで穴を開けます。
(穴をあけたりねじ穴を開ける場合)

  • 穴あけ加工
  • 穴あけ加工
  • 穴あけ加工
  • 穴あけ加工

  • タップ加工
  • タップ加工

複雑な加工もこの3パターンの組み合わせで構成されています。


『切削工具・研磨材』に関連するカテゴリ